住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

ECO・微気候デザインで差別化

自然と調和して快適でエコな住まいをつくる「ECO・微気候デザイン」。エコで永く住みたいと感じさせる賃貸デザインでの差別化に迫ります。

3.入居者が快適だと感じる工夫

敷地の特性を活かして、快適な賃貸住宅を

右の図は、ある地域の風向きや日差しを図にしたものです。季節によって風向きがどうかわるのか、周辺の建物の間や道路などを、どのように風が抜けていくのかをまず調べます。そして南側には落葉樹を植えて葉が生い茂る夏場は日差しを遮り、葉が落ちる冬場は日当たりをよくする工夫などをしつつ、窓の配置などを考えていきます。

この敷地の条件を知るためには、そこに暮らしている人の意見を聞くことも大切です。ご近所さんや地元の不動産会社などに取材して、季節ごとの気象特性を調べることもあります。

夏と冬の日射特性の差を考えた設計を

夏は太陽の日差しをなるべく室内に入れず、冬は積極的に取り込む。それが快適な住まいのポイント。この日差しをコントロールするのが庇の役割です。しかし都市部などでは厳しい法的規制があり、充分な軒下空間を確保することが難しいケースもあります。そうした条件のもとで日差しを遮るには、建物自体のデザインを工夫することが大切です。

例えば南側の壁を凹型にして、奥まった位置に開口部を設ける手法があります。これなら2階のバルコニーが庇になって、日差しをカットできます。

外観デザインにも陰影が出て、魅力的な外観の賃貸住宅になるでしょう。

風通しのいい部屋は永く住みたくなる部屋

風通しのいい賃貸住宅を設計するのは、なかなか難しいものかもしれません。一般的には南北通風が基本ですが、賃貸住宅でプライバシーも考えると窓の設置が難しくなるケースもありますが、その制限をクリアしながら適所に窓を設けます。“風”だけを通し、視界を遮る窓であれば、プライバシーを確保することも可能です。玄関の上に風が通る窓を付けたり、各部屋のドアに欄間を設けて風を通すなどの工夫が効果的です。

これらの工夫は住人へとってのメリット。入居者へ伝えることが大切です。入居者募集時に微気候デザインであることをアピールしましょう。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!