住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

外観デザインもスタイルも “第一印象”で決まる

今は入居者から選ばれる賃貸住宅を計画していかなければならない時代。 第一印象で入居者の心を掴む賃貸住宅のデザインについて考えます。

入居者にとってデザインは大きなポイント

今回の住宅に決めた理由(複数回答)

今、日本は大きな転換期を迎えています。加速する少子高齢化による人口減、日本経済も長く続く低迷で不動産を取り巻く環境も大きく変化しています。資産を持っている人も企業も将来に向けて何をすべきか悩んでいる状況です。実際に上のグラフのように全国的に空室率は上昇しています。首都圏や東京など、人口が多い地域や人気のエリアでは横ばいですが、人口減少や高齢化が顕著な地方ではやはり空室率も深刻です。
その反面、確実に満室経営をされているオーナー様も多くいらっしゃいます。ではその差は、どこから出るのでしょうか。
景気や人口が右肩上がりの頃のように、賃貸住宅を建てれば借り手がつく、という時代ではありません。きちんと周辺の物件と差別化ができ、入居者にライフスタイルをイメージさせる物件をつくることが必要です。綿密な市場調査も必要ですし、プロのノウハウも必要です。まずは信頼のできるプロを見つけることが大切です。単に利回りだけで計画を進めてくるのではなく、どのような入居者がいて、どんなコンセプトの住宅が求められているのか長期安定経営面も考慮し提案してくれるプロが必要なのです。

良いデザインには、 資産の価値を高める力があり、 結果的に長期安定経営へと つながるのです。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!