住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

外観デザインもスタイルも “第一印象”で決まる

今は入居者から選ばれる賃貸住宅を計画していかなければならない時代。 第一印象で入居者の心を掴む賃貸住宅のデザインについて考えます。

入居者にとってデザインは大きなポイント

少子化などの日本の状況は、賃貸住宅経営にとってマイナスの要素です。しかし、プラスの要素もあります。積極的に賃貸住宅を選ぶという方々がいるのです。一昔前までは、賃貸住宅は持ち家や分譲マンションを購入するための一時的な『仮住まい』という考え方が一般的でした。今はあえて購入しないという考え方も一般的になっているのです。
上のグラフは、日経新聞の調査で、購入派と賃貸派を調べたものです。2割強の方々が賃貸派となっています。理由は地価が下がり続ければ購入するのは得ではないというものがほとんど。ある調査では、ライフスタイルの変化に合わせて住居を変えたいという人や、もっと自由に毎日を過ごしたいという方や特に若い世代では住宅ローンにしばられたくないなど、今後ますます賃貸派の動向やライフスタイルから目が離せません。
一昔前までの『持ち家が住まいのゴール』という考え方が、特に若い世代には無くなっているとも捉えられます。さらに高齢の方の持ち家離れも進んでいます。自宅の老朽化が進み、しかも夫婦二人では広すぎる上に、介護などには使い勝手が悪い。そんな住まいから介護付き住宅や高齢者向けの賃貸住宅に移る人も増えているのです。
賃貸住宅を求める入居者が増えると同時に、入居者のニーズはより多様になっているのです。

今回の住宅に決めた理由(複数回答)
良いデザインには、 資産の価値を高める力があり、 結果的に長期安定経営へと つながるのです。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!