住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

外観デザインもスタイルも “第一印象”で決まる

今は入居者から選ばれる賃貸住宅を計画していかなければならない時代。 第一印象で入居者の心を掴む賃貸住宅のデザインについて考えます。

入居者にとってデザインは大きなポイント

テーマをもったコンセプト賃貸住宅を考えることは、入居者のニーズをつかむことです。コンセプト賃貸住宅を考える上で、そのエリアに足りないものや、求められるものは何か、そこを狙えば入居者が集まるのではないか、というテーマを見つける必要があります。一般のオーナー様には、少し難しいテーマのようにも感じます。だからこそプロの提案力、ノウハウが必要になります。今どんなコンセプト賃貸住宅なら入居者が集められるのかを、常に考えているパートナーを見つける必要があるのです。
ライフスタイルの多様化で、入居者のこだわりはますます強くなっています。少しでも入居者の目にとまる特長をつけていくことが大切なのです。もちろん利便性も良く人気の駅に近いというような好立地であれば、明確なコンセプトが無くても入居者が集まります。入居者にとっては『便利』という明確なコンセプトが見えるからです。しかしそうでない条件であれば、特長をつけることが必要になります。
広く認知されつつあるコンセプトに特化した賃貸住宅としては、高齢者向けの住宅ペットが飼える住宅ガレージ付き住宅など、それぞれ高い需要があります。また、世代や男女によって、ニーズも様々なので、市場の調査をしっかりと行い、どのような差別化をしていくかを考えていきましょう。

コンセプト賃貸住宅の代表例といえば、ペット対応賃貸住宅。賃貸でもペットを飼いたいというニーズが高く、特に20代、30代の女性に多く見られます。ミサワホームでもこれまでに数多くのペット対応賃貸住宅を提案しています。

ガレージ付き賃貸住宅も人気のあるタイプ。エコカー全盛時代にこだわりの車を所有する方にとって何と言っても人気なのが、シャッター付きのビルトインガレージです。盗難や天候から車を守ってくれます。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!