住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

ペット共生賃貸にニーズあり

貸経営の競争時代の中で、需要が多く供給が不足している物件の1つが「ペット共生賃貸住宅」。その可能性と経営成功のポイントに迫ります。

ペット共生賃貸の供給状況

ペットが飼える賃貸を求める高いニーズに対して、どれくらい飼うことができる物件があるのか。

下の表は、大手賃貸住宅検索サイトの「CHINTAI」で、ペット共生賃貸住宅の供給状況を調べたもの。2013年の5月22日の情報を元に調べたもので、まさに最新のペット共生賃貸住宅の供給状況がわかります。結果としては、首都圏、近畿圏ともに、賃貸住宅全体の1割強しか供給されていないことが分かります。

賃貸入居者の3割以上の方がペットを飼いたいという意向データからすると、その差の2割ほどが物件として不足しているとも考えられます。

このデータを見てもペット共生賃貸住宅には今後も大きな可能性があると言えます。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!