住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

賃貸住宅の設計力

とりわけ都市部や市街地の土地に多い「狭小地」や「変形地」。そんな厳しい条件の土地を活かすためには『設計力』が重要です。

変形地を活かすポイント

敷地の余ったスペースを有効に活かす工夫と魅せる工夫で、魅力的な物件に
緑色部分のデッドスペースは、植栽や駐輪場、ゴミ置き場等を設置することで無駄なく利用。

変形地を活かすポイントは、まず住まいとして魅力あるきめ細やかな設計をして、できるだけデッドスーペースをつくらないこと。そして、いかに設計通りに建物を建てるかです。

また変形の敷地に合わせた、間取りの工夫も必要になります。これは、変形地の賃貸住宅設計にノウハウのある建築士に依頼することがポイントです。変形地の場合も、狭小地同様に平面的なプランの工夫だけではなく、立体的に建物の工夫をすることが大切です。考え方一つで、入居者の快適性に大きな差が出ますから、慎重に検討しましょう。

またどうしても建てられないスペースは、駐輪場やゴミ置き場として活かすなど配置を工夫することで、敷地全体を無駄無くデザインする配慮も必要です。

さらに色とりどりの植栽を配置して演出することは入居者に喜ばれるため、おすすめです。
変形地をより有効に活かし、さらに魅力をアップするためには様々なアイデアや工夫があります。まずは建築士にいろいろと相談することからスタートしましょう。

旗竿形状は、アプローチをおしゃれに演出
旗竿地とは、道路から奥まった場所に広い土地があり、そこに細い通路で接道するケース。

都市部に多く見られる旗竿地。活用し難いという面もありますが、入居者からすれば奥まっており、落ち着いた場所というメリットもあります。

このような変形地を活かすポイントは、旗竿の「竿」の部分をアプローチとして魅力的に活かすこと。通路として植栽等にこだわることはもちろん、入口付近に物件名のサインを設置する、夜の照明を工夫するなどして、魅力的な演出にこだわりましょう。

物件自体は奥まった場所になるため、玄関回りに明るい色を取り入れる等、印象を良くする工夫も大切です。

また共同住宅が建てられない旗竿地では、重層タイプを採用することで、活用できる場合がありますので、まずは専門家に相談してみることをお勧めします。

変形敷地を活かすには、まずは建築士や専門家にいろいろと相談することをおすすめします。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • リフォーム・建て替え ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!