住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

郊外型の賃貸住宅のポイント

今、地方や郊外の賃貸住宅経営にあるチャンスとは?確かな利益を生み出すための「地方・郊外型」賃貸経営のポイントに迫る。

1.「子供と車」が郊外型のポイント

「生涯賃貸派」。近年、この言葉を良く耳にします。一昔前は、賃貸住宅は持ち家や、分譲マンションを購入するまでの“つなぎ”の住居だという考え方が一般的でした。しかし、今ではローンの負担が心配な持ち家を購入せずに、家族形態やライフスタイルの変化に対応するため、気軽な賃貸住宅を積極的に選ぶというご家族が増えているのです。将来にわたって賃貸住宅に住む積極派は、自由に好きな場所に住み替えたいという考えは、一般的なものになりつつあり、「首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査」(表参照)では、「将来も賃貸住宅に住むつもり」の回答率が13.6%から25.6%と大幅に増加しています。

この傾向は、都市部だけでなく、地方・郊外にも見られます。特にファミリー層の生涯賃貸派に、環境の良い郊外型の賃貸住宅が求められているのです。

従来は、次の住居へのつなぎと考えられていた賃貸住宅ですから、広さよりも効率を重視し、小家族向けや単身世帯向けをターゲットにしたコンパクトな住居が主流でした。反面、4人家族がゆったり暮らせるような賃貸住宅はまだ少ないと言えます。

ここでいう「郊外型」とは、主に都市部への距離があり、しかも電車などの交通機関よりも自家用車が便利なエリア。職場にも買い物にも車で、という世帯が多いのも特徴です。

少子化が続く反面、子育て環境を重視して車が必須な郊外を望む家族もいます。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!