住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

郊外型の賃貸住宅のポイント

今、地方や郊外の賃貸住宅経営にあるチャンスとは?確かな利益を生み出すための「地方・郊外型」賃貸経営のポイントに迫る。

2.郊外型の物件づくりのヒント 1

子育てファミリーに人気なのは、こんな賃貸住宅。
『戸建感覚』で暮らせる賃貸住宅
国交省調査の平成21年版土地白書によると、「望ましい住宅形態」は全国平均で80.4%、地方圏では83.3%が戸建派なのだそうです。つまり日本では、8割以上のご家族が戸建住宅を望まれています。しかし賃貸住宅においては、その供給量は少なく、全賃貸住宅流通量の5%にも満たないと言われています。まさに貸し手市場と言える現状です。
戸建貸家(写真上)を望んでいるのは、やはりファミリー層。特に小さなお子様のいる世帯では、共同住宅の場合、上下階の騒音に気を遣います。さらに広い室内空間や庭が欲しいなどのニーズもあり、戸建貸家の人気が高くなるのです。また、共同住宅でも1.2階を使って暮らせるメゾネットタイプ(写真下)も戸建感覚で暮らせる賃貸住宅として根強い人気があります。
美しい街並みをつくることで入居者の満足度がアップします
特に車が主な交通手段の郊外型では、環境の良さも差別化の大きなポイントです。入居者は部屋探しをする時、職場から車で30分以内といった、大まかな条件で探す傾向があるそうです。その範囲の中で買い物などの利便性や環境の良さ、物件の良さなどを考慮して選びます。そんな入居者にとって、美しくデザインされた街並みや、いい環境で子育てできるかも選ぶための大きなポイントのひとつです。
環境にも配慮した街並みづくりを行なえば、資産価値を保つことにもつながります。また、将来的に一部を売却するといった場合でもスムーズになるはずです。
ミサワホームでは、戸建貸家や共同住宅を組み合わせた賃貸住宅の街づくりを、全国で提案させていただき、好評を得ています。デザインのミサワホームならではの美しい街並みです。
一言でいっても、やはり土地活用にはノウハウが必要!トータルコーディネートできるパートナー探しが大切です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!