住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

郊外型の賃貸住宅のポイント

今、地方や郊外の賃貸住宅経営にあるチャンスとは?確かな利益を生み出すための「地方・郊外型」賃貸経営のポイントに迫る。

3.郊外型の物件づくりのヒント 2

駐車場は当然。その質も問われる時代です。
車社会の郊外エリアでは、ぜひ駐車場の確保を
郊外型の賃貸住宅では、シングル向け、カップル向け、ファミリー向け、すべてのターゲットにおいて駐車場は必要です。ファミリー向けでは2台分の駐車場も珍しくはありません。
敷地に余裕があれば問題ありませんが、駐車場を確保するために部屋数が少なくなり収益が悪化するというケースも考えられます。3階建てにして部屋数を確保しながら駐車場も確保するなど、さまざまな解決策がありますから、ぜひプロのアドバイスを受けることをお薦めします。また最近では、バイク専用駐車スペースの需要も多くなっていますから、数台分のスペースを確保しておくのも市場での差別化につながります。
駐車場のセキュリティなど、これから求められる設備は?
特にハイグレードな物件を建築した場合などは、入居者に高級車を所有している方も多いようです。そこで気になるのは、駐車場のセキュリティ。人感センサー付きの照明ポーチや防犯カメラの設置も大きな差別化につながります。
また今後、電気自動車が普及することが予想できますので、あらかじめ駐車場に充電用のコンセントの設置をお薦めします。
よりよい駐車場を提供するためには、プロによる敷地を最大限に活かすための工夫が必要なのです。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!