住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

資産の買い換えを考える

不動産は持っているだけでは意味がない時代。積極的に資産を活用する「買い換え」について考えます。

1.持っている不動産をより積極的に活用する

所有する資産をもっと有意義に活用したい。もっと収入を増やしたい。特に現在のような低金利の時代では、多くの方がそう考えておられます。そんな時、まず考えられるのは、所有する不動産をより積極的に活用する方法。例えば、賃貸住宅経営などがその例です。しかし、その活用が難しい立地の場合、資産を買い換えることで、より収入を上げられる資産に組み替えるのも選択肢のひとつです。

もし所有する不動産が活用しやすい立地であれば、そこを活用するのが一番ですが、立地が活用に適さない場合。例えば、駅から遠い(徒歩15分以上)、道路が狭い(4m以下)、地形的に難しい場合は活用方法に悩まれるはずです。そんな時にひとつの選択肢として買い換えを考えることも必要です。

所有する不動産を活用する場合、立地が決まっているので、活用方法は自ずと限られてしまいます。しかし、買い換えをすれば立地が選べます。収益力がある立地を選ぶことができるので、資産の活用の幅は、間違いなく広がります。

所有している資産をどう活かすか?という発想から、その資産にどう投資するか。に発想を転換する。それが買い換えです。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!