住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

3階建賃貸住宅の可能性

今、3階建賃貸住宅といった中高層賃貸が都心部を中心に注目を集めています。 土地の能力を最大限に活かす3階建賃貸住宅の可能性に迫ります。

若い世代をターゲットにするなら中高層がポイント

貸家着工戸数と中高層の占める割合の推移 2階以上の部屋を希望する単身層の割合

近年、建築可能であれば3階建賃貸住宅などの中高層賃貸住宅が注目です。左上のグラフを見ても賃貸住宅の中で中高層が占める割合は年々増えていることがわかります。特に都市部ではその傾向が顕著で、やはり限られた土地を最大限に有効活用しようというのが理由のようです。
さらに都市部のメインターゲットといえる若い単身層のニーズが中高層の賃貸住宅にあることも大きな理由のひとつ。右上のグラフでも分かるように、2階以上の部屋を希望する単身層が非常に多いことがわかります。この傾向は特にセキュリティを気にする女性に高く、今や常識となったバストイレ別の条件に匹敵するまでになりました。
このニーズに対しても3階建は有利です。2階建の場合は、不人気になる可能性がある1階部分が全戸数の半数になるのに対して、3階建なら1階部分が1/3になり、入居率のアップが見込めるというわけです。

さらに3階建賃貸住宅は 2階建ての建物に比べて、 高級感が演出しやすいなど 様々なメリットがあります。
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!