住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

広大な土地の活用を考える

全国から寄せられる資産活用の相談の中でも、広大な土地に関する 活用ケースが増えています。そんな広大地の活用について考えます。

広大な土地の広さの目安とは

広大な土地とはどれくらいの広さの土地なのでしょうか。開発の方法や税制面から考えると、三大都市圏では500u、その他の地域では1000uを目安にすることができます。
広大な土地の活用で、都道府県知事の許可が必要な「開発行為」になる目安は、市街化区域で三大都市圏の既成市街地の場合、原則500u以上、そのほかの市街化区域では原則1000u以上になっています。
また税制面でも広大地の評価というものがあり、広大地とは、その地域における標準的な宅地の面積に比して著しく面積が広大な宅地で、都市計画法に規定する開発行為を行うとした場合に、道路や公園等の公共公益的施設用地の負担が必要と認められる宅地のことをいいます。この広大地の広さの基準も、市街化区域の場合、三大都市圏では500u、その他の地域では1000uとなっています。

広い敷地の活用ノウハウを 知る前に、まずは、 広大地の定義を知りましょう。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!