住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

広大な土地の活用を考える

全国から寄せられる資産活用の相談の中でも、広大な土地に関する 活用ケースが増えています。そんな広大地の活用について考えます。

広大な土地を活かすには様々なプロのノウハウが必要

広い土地は、さまざまな資産活用の方法を選ぶことができ、それだけで十分に価値があります。活用次第によっては高収入も期待できますが、初期投資や管理に手間やコストがかかってしまうことも考えられます。事業の規模が大きくなる場合は、活用方法の選択肢を含めて、慎重な計画が必要になります。
もちろん相続税の対策も重要ですし、開発行為になった場合は、行政への申請やチェックなどに時間と費用がかかる場合もあります。事業規模も大きくなるわけですから、リスクを少なくするためにも綿密な事前調査・計画が必要となります。
これらの条件をクリアするためには、様々な分野のプロの経験・知識が必要です。そのノウハウを最大限に活かす方向で、ひとつにまとめ、カタチにしていくことが大切なのです。

広い敷地の活用ノウハウを 知る前に、まずは、 広大地の定義を知りましょう。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!