住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

広大な土地の活用を考える

全国から寄せられる資産活用の相談の中でも、広大な土地に関する 活用ケースが増えています。そんな広大地の活用について考えます。

広い敷地だからこそ「複合活用」を考えたい

お持ちの広大な土地を活用する場合、リスクを少なくするためにも、複合的な活用を考えるのもひとつです。
例えば左は、岡山県での資産活用の事例です。一部を分譲住宅として売却し、相続時の納税資金を確保。さらに一部を定期借地としてその保証金を充当するかたちで賃貸住宅を建設し、収益を上げた例です。
固定資産税も大きく抑えることができ、さらに収入も得られています。このように複合的に活用することで、リスクを抑えながら収益を上げ、付加価値のある街並みとして作りあげることが可能です。

〈広大な土地の複合活用例〉
広大な土地の複合活用例 活用方法によっては、 税の評価が変わることあったり、 広大地の土地活用は 開発行為となる場合もあるので、 税務のプロ、開発のプロ、 そして資産活用提案のプロの 力が必要です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!