住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

広大な土地の活用を考える

全国から寄せられる資産活用の相談の中でも、広大な土地に関する 活用ケースが増えています。そんな広大地の活用について考えます。

広大地とは?広大地評価とは?

広大地とは、厳密な表現では「その地域における標準的な宅地の地積に比べて著しく地積が広大な宅地で、都市計画法第4条第12項に規定する開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地(道路や公園など)の負担が必要と認められるもの」をいいます。ただし、「大規模工場用地に該当するもの及び中高層の集合住宅等の敷地用地に適しているもの」は除かれます。簡単に表現すると、広大地とは、『活用されていない大きい土地』で開発の際に道路や公園が必要になる土地です。
そして、広大地評価とは、土地の相続税評価額が下がる評価のことです。相続が発生した時に申告し、広大地として税務署から認められば、評価減を受けられます。評価方法は、下の計算式。シンプルな計算式なので、路線価が分かれば、どれくらい相続税評価額が減額できるかすぐにわかります。

広い敷地の活用ノウハウを 知る前に、まずは、 広大地の定義を知りましょう。
広大地の評価に関しては、所管の税務署の判断が必要になります。
事前に必ず税理士・不動産鑑定士に相談、または税務署に確認してください。
広い敷地の活用ノウハウを 知る前に、まずは、 広大地の定義を知りましょう。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!