住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

広大な土地の活用を考える

全国から寄せられる資産活用の相談の中でも、広大な土地に関する 活用ケースが増えています。そんな広大地の活用について考えます。

目的に合わせた活用方法を考える

実 家 活 用

実家の活用を考える上で、もっとも大切なのは、目的をはっきりさせることです。「できるだけ収益を多くしたい」、「建て替えの費用負担を抑えたい」、「老後の生活費にゆとりをもたせたい」、「親の介護の負担を軽減したい」・・・。様々な目的がありますが、その目的にあわせて活用方法を考えます。
やはり慣れ親しんだ土地に住み続ける、という選択が主流でしょう。建物が老朽化している場合には、リフォームして住み続けることも考えられますし、子世帯と一緒に三世代住宅を考える方も多いでしょう。
それほど多くの収入が必要が無い場合。例えば、年金や蓄えなどで老後の資金は充分あり、郊外で賃貸住宅を借りる分ほどの収入が欲しいケースなどでは、自宅をそのまま貸して収入を得るという方法があります。「(社)移住・住みかえ支援機構」が行なっている「マイホーム借上げ制度」は、自宅の賃貸住宅化をバックアップする制度として注目されています。
実家の立地に賃貸住宅のニーズが無い場合、資金計画に合えば、売却して買い換えや現金化するという選択もあります。もちろん、そのまま建て替えやリフォームなどで住み続けるという選択もあります。
そして将来的により多くの収入が得たい、建て替えの負担を少なくしたい場合は、賃貸物件を建てるという選択肢があります。実家を賃貸住宅に活用する場合もその方法は様々です。今、都市部の建て替えで注目されているのが「賃貸併用住宅」。自宅の一部や敷地の一部を賃貸住宅にして収益を上げることで、建て替えの費用の多くをまかなうという発想です。
さらに利用価値の高い土地であれば、すべてを賃貸住宅にして別の場所に暮らすという発想もあります。アパートなどの賃貸住宅経営や、戸建貸家などがその例です。

ミサワホームのサイトに「賃貸併用住宅」について、初めて知る方へ向けたコンテンツや「賃貸併用住宅」にした場合の『資金計画シミュレーション比較』を掲載したコンテンツをご用意しています。詳しくは、下記リンクバナーより、ぜひご参考にご覧ください。

  • はじめての賃貸併用住宅
  • 住宅ローンを軽くする家
目的と立地条件によって、 活用方法はさまざま。 ぴったりの活用方法を 見つけましょう。
  • 自宅+賃貸(賃貸併用住宅) ご相談はこちら
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!