住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

実家活用のススメ1

2.実家の活用方法 その1

賃貸併用住宅
これからの実家活用のありかたの理想型。
今最も注目されている実家の活用方法と言えば、やはり賃貸併用住宅でしょう。実家が古くなり建て替えの必要を感じている方には、特にお薦めの活用方法です。日本の古い住宅はバリアフリー設備が無いことも多く、高齢の親世帯が今後、問題なく住み続けることが難しいケースもあります。しかし建て替えにもリフォームにも大きな予算が必要です。賃貸併用住宅なら、家賃収入をローンの返済に当てることができます。ローン無しで建てた場合も家賃収入が見込めます。
ミサワホームでは、グッドデザイン賞を受賞した賃貸併用住宅「ベルリードホームプラス」もあり、通常の一戸建てと変わらないデザインなどで人気となっています。
家賃収入をローンの返済に 充当したり、将来の支出の 備えに充てることも!


将来的に2世帯、3世帯の居住も可能です。
賃貸併用住宅のメリットのひとつは、将来子世帯が住む場所としても利用しやすいというもの。期限付きの賃貸借契約が可能な「定期借家」を活用すれば、賃貸契約の終了後は、賃貸住宅部分を子世帯の住宅へと変えることも難しくありません。 また相続税対策のメリットもあります。賃貸併用住宅を自己所有地の土地に建設する場合、貸家部分の面積比に応じて『貸家建付地評価減』という特典を受けられます。さらに、賃貸併用住宅の自宅の建築については『240までの小規模宅地について、その評価を80%の評価減(相続人が継続住居する事が前提)ができる特例』も適用されるので、大幅に節税対策を図ることも可能です。
  • 自宅+賃貸(賃貸併用住宅) ご相談はこちら
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!