住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

実家活用のススメ1

3.実家の活用方法 その2

集合住宅
旗竿立地でも賃貸住宅が 建てられる重層タイプ。
一戸建てで広い庭。そんな実家をお持ちの方が検討していただきたいのが戸建貸家です。ファミリー層が望む間取り構成の貸家なら、コンパクトなサイズであっても庭の一部に建設することも可能ですし、またひとつの敷地に数棟の貸家を建てられるケースもあるので、ベーシックな敷地の活用方法として有効だと言えるでしょう。戸建賃貸住宅は、戸建てに住みたいという入居者の需要に対して供給量が少なく、空室が出にくいと言うメリットもあります。 また、相続のしやすさもポイント。例えば相続人が3人の場合は、敷地を分割して3棟建て、相続しやすくする工夫もできます。親世帯が一棟住み、将来は子世帯が隣に住むなど、家族構成やライフスタイルで住み分けができることもメリットです。
集合住宅
旗竿立地でも賃貸住宅が 建てられる重層タイプ。
上下階を一世帯で住まうメゾネットタイプの賃貸住宅も、実家の活用方法にはぴったりです。中でもミサワホームが提案する「スリムメゾネット」は、今後も増えていくと予想される2人から3人の小家族をターゲットにした住宅で、間口を比較的狭くして、生活空間を二階に広げることで充分な広さと、用途によって使い分けられる生活空間を実現します。 例えば、子供が独立して夫婦二人になった親世帯が、機能的でコンパクトな部屋に住みたい場合などは、スリムメゾネットを建てて、一室に暮らすという方法もあります。まだ子世帯が夫婦二人の時は、スリムメゾネットの一室に暮らし、子供ができたら他の住居に移るという方法もあります。 スリムメゾネットのメリットは、一戸建てが建っていた敷地なら、充分に採算のあう戸数で建てられる可能性があること。デザインも戸建と遜色がないので街並みに調和します。
集合住宅
旗竿立地でも賃貸住宅が 建てられる重層タイプ。
住宅地でよくみられる旗竿型の立地。実家がそのような形状の敷地のケースでは、一般の集合住宅では建てられないケースもあります。そのような場合でも、重層タイプの集合住宅なら建てられるケースもあります。重層タイプとは、2階の住戸にも1階の玄関から入る形式の賃貸住宅です。外廊下や外階段が必要ないため、スペースの有効活用ができます。
実家の土地活用の 選択肢は様々です。 立地環境や状況に応じた 方法を選びましょう。
  • 自宅+賃貸(賃貸併用住宅) ご相談はこちら
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!