住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

市街地や商業系エリアでは、テナントやオフィスのビル経営が、土地活用として考えられますが、現在の景気の状況では、都市部といえども空室のリスクが心配です。

立地によっては、店舗は2階以上を嫌がる場合があり、人気の立地といえど空室リスクがあると言えます。都市部で経営しやすいのは『テナント複合型賃貸住宅』と呼ばれるスタイル。1〜2階を店舗とし、2〜3階から上を住居やスモールオフィスとする方法です。リスクを分散できますし、店舗にコンビニやドラッグストアなどを誘致できれば、居住フロアへの入居者募集もしやすくなります。

ポイントは、魅力的な店舗を誘致できるかどうか。人気のカフェやおしゃれなショップなどを誘致できれば、入居率が大きく上がるという傾向もあります。

例えば、6階建てが建てられる地域なら、容積率をフルに使って建てたいというのが、土地オーナーの自然な発想だと思います。しかし考えたいのは、投資とリスクのバランスです。確かに貸す面積が多ければ、収入が増える可能性はありますが、建築費は大きくなります。つまり、過大な投資はそれだけ大きなリスクを伴います。まずは収支計画ありきの建築計画を立てましょう。

市街地の土地オーナー様の中には、収支計画の面から減価償却期間の長いRC造の建物を避け、木造や鉄骨造の3階建ての建物を選択される方もいらっしゃいます。きちんと先を見据えた投資と経営が必要な時代なのです。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!