住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

前ページほど大きな街でない場合は、駅から住宅地が近いケースが多くあります。このケースでも駅チカは人気です。駅近物件というと、駅徒歩10分以内というのが従来の常識でした。しかしある調査では、シングル世代では駅から10分でも遠いというイメージを持っている方も多いそうです。よく言われる「駅チカ」物件は、徒歩5〜10分以内というのが入居者の印象のようです。

駅5分という立地は、場所によっては商業エリアに近い住宅エリアになります。利便性が高い場所でありながら、駅から反対方向に行けば、公園や緑のある環境があることも。こういった立地は賃貸住宅としても人気があります。

右の表は、参考に2014年の関東エリア人気の住みたい街ランキング(スーモ調べ)を例示してみました。どの駅も徒歩5分〜10分で、利便性の高い商業地域と住宅地が隣接するエリアです。 お持ちの土地が、どのようなターゲットに向いているのかをしっかりと踏まえた計画が必要になってきます。

今後も駅チカ物件の人気は続いて行くと考えられますが、相続税の増税が始まると、土地を賃貸住宅として活かしたいというオーナーも増えることが考えられます。当然物件数も多くなりますから、物件の競争が激しいエリアになると考えられます。

市街地と住宅地の境は、人気の立地である反面、空き巣等の被害が多い地域とも言えます。やはりセキュリティを重視した物件でなくては、入居者に選ばれません。また、リスクを分散するためにも、単身者向けのプランだけでなく、ファミリー向け、カップル向け等の多様なプランを用意しておくことも検討するとよいでしょう。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!