住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

景気が停滞していると言われている国内ですが、実は一部業種や企業では、新卒採用の活発化や、求人増となっているという側面があります。有望な人材は獲得競争が激しく、独身寮の用意や充実を図り、自社の福利厚生をアピールする企業の動きは確実にあるようです。

下の表は、そんな企業の現状の調査データ。「独身寮を充実させた(検討中も含む)」ところは26.6%で4社に1社。1000人以上の規模では37.3%にものぼります。人材獲得のために、寮や社宅が見直されていることが伺えます。また、福利厚生の一環にとどまらず、社員間のコミュニケーション促進という面においても独身寮を考えるといった理由が挙げられています。

賃貸経営の面で考えると、社宅・独身寮として契約できれば、長期にわたって家賃収入が確保されることは、経営の安定に結びつくと考えられます。このように、法人向けの社宅・寮を対象とした借上げは、需要と供給があえば狙い目です。企業の都合とオーナーさまのニーズがマッチすれば、社宅・寮向けの賃貸経営を選択肢として捉える価値はあります。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!