住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

社宅や寮の経営は、企業や大学などと長期契約を結ぶことができれば、長期安定経営につながるという大きなメリットがあります。オーナーと企業や大学との間に運営会社も入れば、メンテナンス等もこまめにやってくれるため、建物の痛みも少なく、修繕費の負担軽減につながります。
また、地方でも工場の多い地域や大学、その地域独自の法人のある地域なら経営の可能性があります。駅から遠い場所でも経営できるケースもあります。まさに賃貸オーナーにとっては、魅力的な賃貸経営のひとつだと言えるでしょう。

しかし当然のことながら、リスクも考えられます。経済状況の変化により、工場の閉鎖等も無いとは言えません。一度にすべての入居者がいなくなることも、可能性としてはあるわけですから、そのリスクを軽減する対策を予め考えておく必要があるでしょう。

これらのメリットとリスクのバランスをとるために有効な方法が、寮や社宅を運営している会社とパートナーとなること。土地オーナーは、土地と建物を運営会社に一括で借上げてもらい、実際の企業や入居者との橋渡し等は運営会社に任せるとよいでしょう。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!