住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

単身赴任者に対する家族の不安にもあるように、住む人の健康やストレスを考えるのは大切なことです。そこで大切なのは、住まいとしての快適性をしっかりと考えておくこと。住まいのクオリティを高めることが何より大切です。

例えば、住まいの気密性と断熱性。夏は涼しく冬は暖かい部屋は、住む人にとって何よりうれしいもの。また冷暖房費を抑えることができるので、運営のコストダウンにもつながります。

さらに人は木の家に癒されるという傾向があります。木のぬくもりが感じられる空間をつくることで、ストレスを軽減させ、快適な日々をおくることができるのです。 また、住まいの耐震性能も考慮しておきたい性能のひとつ。大切な社員や学生を守るためには必要不可欠です。

学生寮などは、少子化で将来的には必要なくなるのでは?と思われるオーナー様もいらっしゃることでしょう。右の写真は、そんな不安を感じたオーナー様が、将来のリスクを減らすために、高齢者向け住宅としても転用できるように、あらかじめ様々な工夫を施した建築実例です。

食事付きで個室があるという居住形態は、高齢者向け住宅と基本的に同じ。あらかじめ基準をクリアして建てることがポイントです。

全国で、「戸建貸家」が法人契約されている事例も数多くあります。これは単身赴任ではなく家族で転勤されるケースで借り上げられています。もともと以前住んでいた地元に持ち家を持つ管理職の方や、まだ持ち家を持っていない若いご家族などが、家族で地方に赴任されるような場合にニーズがあります。

それ場合以外にも、地方の大きな病院が、新しく医師を向かえ入れる際に、法人契約で借り上げられることもあります。一戸建ての賃貸住宅は供給が少ないため、全国的に企業や病院側にニーズがあるようです。右の事例はまさにこのケースで、設備仕様のグレードが高く、法人・入居者共に評価を得た賃貸住宅となりました。

都心の高級住宅地や国際色が強い地域などに建てられ、外資系に勤める外国人赴任家族のためのグレードの高い住まいも、物件が少なくニーズが高い分野です。
外資系の赴任者が住むのは、高級マンションが多いのでは?と思われるかもしれませんが、家族で赴任される場合などには、住み慣れた生活スタイルの「戸建住宅」や「メゾネット」といった戸建スタイルを望まれることがあります。

スタッフやご近所の方を招待して、大人数でホームパーティを開く習慣もありますから、広いリビングと庭のある戸建やメゾネットスタイルは人気があるのです。このようなニーズに対応するためには、住まいのセキュリティや設備のグレードを充実させておくことが大切です。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!