住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

賃貸住宅の工法を知る

賃貸住宅を建てる際、どの工法で建てれば良いのか考えます。工法の特徴の違いを知り、ご自分の敷地に合った工法を選びましょう。

木造の特徴

2、3階建ての小規模の賃貸住宅経営を考える場合、木造で建てるのが主流です。理由のひとつは、日本の気候風土に合っているということ。一般の住宅も木造が主流ということもあり、賃貸経営を考える際に、最初の選択肢となっています。

木は「圧縮」「曲げ」「引っ張り」をはじめ、さまざまな性能において優れているだけではなく、他の建築素材と比べて良好なバランスがとれた素材といえます。さらに快適性も「木」の魅力。木には湿度が上がると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出する調湿性能があります。たとえば衣類や食品などの保存用木箱の内と外の湿度を比べると、外部の湿度が大きく変化しても、木箱内の湿度はほぼ一定を保ちます。

ミサワホームの木質パネル接着工法の場合は、22年の減価償却期間となります。RC造は47年ですから、約半分の期間で減価償却費を計上できることになります。大規模建築向きのRC造より規模が小さい建物向きの木造ですが、投資には変わりありません。投資に対する収入の収支計画を考慮して計画をたてましょう。

木造の性能面での特徴や投資と回収の収支面を考慮することが大切です!
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!