住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

賃貸住宅の工法を知る

賃貸住宅を建てる際、どの工法で建てれば良いのか考えます。工法の特徴の違いを知り、ご自分の敷地に合った工法を選びましょう。

鉄骨造の特徴

鉄骨造の建物は、鋼材を利用して、一般的には、前もって主要部材を工場で生産し、それを現場で組み立て設置する、プレハブ工法で造られています。耐用年数が27年で、減価償却期間が木造より少し長くなります。経営収支的に減価償却期間を少しでも長くしたい場合にも考えられる工法だといえます。鉄骨造は、基本的に鉄の柱と梁でつくるため、断熱性や遮音性などの性能の差は、『鉄骨の厚さ』と『壁』で決まると言えます。

ミサワホームが提案している鉄骨造は、「ハイブリッド工法」と呼ばれる独自の構造。構造である鉄と、壁を構成するセラミック外壁、さらにインテリアに採用している木質素材でつくられる、快適性と耐久性を併せ持つ工法です。

鉄骨造の賃貸住宅は住宅メーカーによって性能に差があるので、しっかり比較しましょう!
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!