本文へジャンプ
MISAWA
TWITTER Facebook 閉じる

2022年03月25日

自然災害への対策を体系化した防災・減災デザイン「MISAWA-LCP」を評価

2022 防災・減災×サステナブル大賞
「防災・減災×レジリエンス賞 優秀賞」を受賞


地震・浸水・風災・雪害・火災への対策を体系化した防災・減災デザイン「MISAWA-LCP」が受賞
新築時の提案に加えてリフォームでも考え方を取り入れ、被災危険度に応じた防災・減災プランをラインアップ
今後も、災害に対するレジリエンスに優れた、サステナブルな住まいの提案と普及に取り組む

防災・減災デザイン「MISAWA-LCP」ロゴ
暮らしのなかで 自然災害に「備える」
非常食を消費しながら常備する
「ローリングストック収納」など
災害から家族を「守る」
大規模な浸水に備える
「スマート防水ボード」など
災害発生後の暮らしを「支える」
停電時も電気が使える
「太陽光発電+蓄電池(全負荷給電)」など

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)は、「2022 防災・減災×サステナブル大賞」(主催 一般社団法人減災サステナブル技術協会)において、戸建住宅の新築やリフォームで提案する防災・減災デザイン「MISAWA-LCP」が「防災・減災×レジリエンス賞」のカンパニー部門・ジャパン賞優秀賞を受賞しました。

ミサワホームでは2015年に、それまで個別に対応していた地震や浸水、風災、雪害、火災への対策を自然災害の頻発・激甚化を背景に体系化し、防災・減災デザイン「MISAWA-LCP」として提案を開始しました。暮らしのなかで 自然災害に「備える」、災害から家族を「守る」、災害発生後の暮らしを「支える」。「MISAWA-LCP」では、いつもの快適に加え、もしもの安心について、これら3つのフェーズに分類した建物と外構のソリューションを提案しています。

2019年には、この3つのコンセプトを搭載した戸建商品「CENTURY MISAWA‐LCP デザインモデル」を発売し、災害に対するレジリエンスの提案を強化。翌年2020年にはリフォームにおいても「MISAWA-LCP」の考え方を取り入れ、被災危険度に応じたリフォームの対策プランを拡充しました。

また、2021年にミサワパーク東京(東京都杉並区高井戸)に、さまざまな「MISAWA-LCP」の提案を盛り込み、2030年の住まいを考えたコンセプト住宅「グリーン・インフラストラクチャー・モデル」を建設・発表しました。今回の受賞は、これらの防災・減災に対する取り組みが評価されたものです。ミサワホームは、今後も災害に対するレジリエンスに優れたサステナブルな住まいの提案と普及に取り組んでいきます。


詳細はこちら (PDF0.7MB)
 

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部 コーポレートコミュニケーション課 阿部正成 麻生和広

TEL03-3349-8088/FAX 03-5381-7838
E-mail:koho@home.misawa.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.