空間の印象を左右する
フォーカルポイント

インテリアのなかでも大切にしたいのが、
目線の着地場所となるフォーカルポイントです。今回は、そのつくり方について紹介します。

2021.12.27
#インテリア #フォーカルポイント
自然な交流を楽しみ、それぞれの居場所も確保 都市で開放的に暮らす「蔵」のある二世帯住宅

[東京都 石神井展示場] せっかく一つ屋根の下に住むのだから自然に楽しく交流したいけれど、それぞれが気兼ねなく過ごせる居場所もほしい...。そんな理想的な二世帯住宅づくりの参考になるのが東京・石神井展示場の「GENIUS蔵のある家」3階建です。注目は半階ごとにフロアが広がるスキップフロア設計でゆとりを生み出した空間プラン。タテにもヨコにも広がりが感じられ、二世帯の家族が都市で伸び伸びと暮らせる工夫に満ちています。 1階・親世帯のリビングは、大収納空間「蔵」※を活かした天井高約3・5mの開放感あふれる空間。フルオープンサッシを全開にすると庭のウッドデッキとも一体につながります。玄関ホールから和室の前まで続く土間サロンも見どころです。縁側感覚で気軽に立ち寄ってもらえるから、ご近所さんとの楽しいコミュニケーションの場にもなりそう。 一方、子世帯は2階に26畳大のLDKを設け、リビングドアの両サイドをガラス壁にして視線の広がりを演出。壁面にソファがわりになるベンチ収納を造り付けて床面の広さを感じる空間に。リビングとつながるバルコニーは空中ガーデンのよう。さらに主寝室や洗面・浴室を配置した3階にもワイドなバルコニーがあり、外からの視線を気にせず、光や風と戯れる暮らしが満喫できます。ニューノーマルのライフスタイルにも対応。ガラス越しに親世帯のLDKが見下ろせる階段踊り場のカウンターやキッチンから続く家事室のカウンターはテレワークの場としても活躍しそう。寝室の奥の書斎は"おこもり感"があり、誰にも邪魔されずに仕事に集中できます。 ※「蔵」は居室としての使用はできません。

2021.12.27
#建築実例
自宅を建て替えるときに考慮する税金
~固定資産税~

自宅を建て替えるのは、自宅を新築するという点では同じですが、既存の家屋を取り壊し、土地が一時的に更地になるという状態が発生するという部分が相違します。一時的にこのような状態になる自宅の建て替え時に、税金の面ではどのようなことを考慮したらよいでしょうか。今回は、固定資産税の取り扱いについてみていきます。

2021.12.24
#資金計画
編みものは
時間みたいなもの

冬は、編みものが活躍する季節。自ら手を動かして編んでみたいと考えている方もいるのでは‥‥。ニットデザイナーの三國さんに編みものの魅力を伺ってきた

2021.12.22
#暮らしや趣味を楽しむ
光熱費を抑えて環境にも貢献
脱炭素社会実現に不可欠なZEH

環境問題の深刻化が進む今、環境にやさしいZEHは、これからの時代に必要な住まいだ。
そして、私たちの暮らしにもさまざまなメリットをもたらしてくれる住まいでもある。

2021.12.16
#スマートハウス・ZEH
ZEHで大きく減らせる光熱費を
「すみごこちカルテ」で見える化

ひと口にZEHといっても、断熱性などの基本性能はハウスメーカーによって千差万別。
ZEHを実現するためには、どんなポイントに目を向ければいいのだろうか。
断熱性能の違いが住んだ後にどのような差となるのかも知っておきたいポイントだ。

2021.12.16
#スマートハウス・ZEH
光熱費を抑えながら心地よい住まい
大収納空間「蔵」のあるZEHに暮らす

[千葉県 Mさま邸]自然災害が多発していることから、より安全で安心できる住まいをつくりたい。
そんな願いをZEHによって叶えたMさま邸を訪ね、お話をうかがった。

2021.12.16
#スマートハウス・ZEH
ZEHを実現する性能で空間をつくる
快適で家計にもやさしい住まい

環境や家計にやさしいだけでなく、日常の心地よさを実現するのもZEHの大きな特長だ。
加えて、より健やかに暮らせることや、万が一の際の安全・安心も見逃せない要素。
ミサワホームのZEHの特長について、改めて一つひとつ見てみよう。

2021.12.16
#スマートハウス・ZEH
創って貯めて効率よく使える電力
日常も非常時も安心なZEH

省エネ + 創エネ・蓄エネ
断熱性能と並び、創エネや省エネもZEHの大切なポイントだ。
実はここもハウスメーカーによって差が出る部分となる。

2021.12.16
#スマートハウス・ZEH