「暮らす」と「働く」を好みのインテリア空間で 快適に両立させたブルックリンスタイルの家

[神奈川県 Oさま邸] 黒を基調にした外壁でシンプルにデザインしたスクエアな外観が、お洒落な倉庫を彷彿とさせるOさまのお住まい。 大空間のLDKは天井高が3・5mもあり、開放感いっぱい。さらに玄関ホールとガラス扉で間仕切りして視線を通し、いっそうの広がりを生み出しています。大収納空間「蔵」の上に設けた奥さまの仕事場がリビングとオープンにつながる間取りもご夫妻のお気に入りです。アンティークレンガ調のタイル壁やヴィンテージ感のあるオーク材のフローリングが、SOHOを思わせる立体的な空間の雰囲気と相まって、ブルックリンスタイルの趣を漂わせています。 「スキップフロアの仕事場は最高のリモートワーク環境です。子どもがリビングで遊んでいるのを見守りながらも、落ち着いて仕事に集中できますし、すぐに下りてキッチンで食事の支度ができるのも便利。デスク前の窓から柿の木が見えて、四季の風情が感じられるのもいいですね」と奥さま。生活用品やかさばる家財はもちろん、散らかりがちなお子さまの玩具も「蔵」にサッと片付けられるから、「すっきりと暮らせて、ふいの来客時も慌てることがありません」とお喜びです。ダイニングの東側に配したピクチャーウインドウの高さと位置も絶妙です。外からの視線を遮りつつ、樹木の景観を採り入れています。「朝日が木漏れ日になって差し込み、木の葉のシルエットが美しく壁に映り込みます」とOさま。「暮らす」と「働く」をこだわりのインテリア空間で快適に両立させたお住まいに大満足されています。

2021.10.29
#建築実例
テラスを彩るインテリアで
もう一つのくつろぎ空間を

室内との一体感やリゾート感覚が楽しめるテラスはインテリアに工夫しながらぜひ活用したいスペース。
今回は、そのポイントをご紹介します。

2021.10.27
#インテリア #テラス #リゾート
子どものころから
アート思考を育む

自分なりのものの見方で答えを創っていくアート思考。その理解を深めるワークショップを数多く手掛けている末永さんに、子どものころからアート思考を育むためのヒントを伺った

2021.10.27
#暮らしや趣味を楽しむ
住まいを維持するために必要な税金

住まいを建築する際に必要な税金には、登録免許税や不動産取得税などがありますが、これらの負担は建築時の1回のみです。この他に考えておくべきなのが、土地や住宅を持っている間ずっと支払い続ける固定資産税などの税金です。これらの税金のしくみとおおよその負担感を見ていきましょう。

2021.10.25
#税金 #資金計画
子どもの感性や創造性を伸ばし
安心して子育てができる社会へ

子どもの持続的で明るい未来のためのデザインを表彰し、広く世に発信するキッズデザイン賞。
その意義や展望などを、第1回から審査に携わり続けている益田文和さんにうかがった。

2021.10.15
#子育て住宅
期限まであと少し!分譲住宅購入に
メリットのある税制優遇と今後について

2021年10月時点で活用できる住宅取得支援策・税制優遇についてご説明します。

2021.10.15
#すまい給付金 #住宅ローン減税 #分譲住宅 #資金計画
子どもの未来を考え続ける
ミサワホームのキッズデザイン

創立以来、子どもの視点に立った住まいづくりを大切にしているミサワホームは、
キッズデザイン賞についても、第1回から15年連続で受賞を果たしている。
その取り組みは、住まいそのものだけでなく、実に幅広い分野に及んでいる。

2021.10.15
#子育て住宅
家事も仕事も安心してできる
子育てを視点にした住まいづくり

キッズデザイン賞の第15回目となる2021年度でも受賞を果たしたミサワホーム。
受賞の一つは、これからの時代の子育てを考えた住まい「SMART Brands WS」。
家事も仕事も両立しながら、安心して子育てができる工夫が随所に盛り込まれた住まいだ。

2021.10.15
#子育て住宅
ライフスタイルに合わせて
仕事も学びもできるスペースづくり

「SMART Brands WS」では、複数の家族が同時に在宅ワ ークできる
3つのワークスペースを用意。

2021.10.15
#子育て住宅