災害にも感染症にも対応できる
余力のある空間づくりとアイテム

新型コロナウイルスなどの感染リスクへの対策も、
これからの住まいには不可欠だ。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
電気も生活用水も備えて安心!
エネルギーなど生活インフラ自給対策

住まいの防災対策は、災害発生時だけでなく、災害発生後も視野に入れておくことが必要だ。
たとえば、避難所に避難することなく、自宅で生活を継続できることもその一つ。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
まちとつながる住まいの工夫で
被災時の「共助」を促す

地域の住人のつながりは、災害発生時には、大きな安心となり、救助活動の大切な柱にもなる。
そのためには、日ごろから近隣同士の交流を育んでおく必要があるはずだ。
そんな交流を自然に促してくれる住まいなら、被災時の「共助」はさらに心強いものになる。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
住宅街で視線を気にせず開放的に暮らす 東西南北から光が入る2階リビングの住まい

[埼玉県 Sさま邸] 江戸情趣あふれる城下町に白タイル張りのモダンなお住まいを建てられたSさま。 2階に広がる高天井のLDKは、住宅密集地でありながら光に満ちた暮らしができる配慮が施されています。隣家が迫る南側はアクセント壁で閉じて外からの視線を遮り、高天井近くに配した窓から採光。一方、北側の階段に面した壁はガラス張りにしてリビングに広がりを出すとともに、階段の窓からも穏やかな光を取り込んでいます。ダークな板張り天井やタイル張りの柱壁、黒のキッチンなどで構成した重厚感のある内装ながら、明るく開放的な印象で重さを感じないのはこうした工夫があるからでしょう。「階段の照明は、玄関ホールに誰かが入ると人感センサーで点灯するので、2階リビングにいても子どもが帰宅したのがわかり、『お帰り!』と声をかけられます」とSさま。 また、室内干しができる広い洗面所も2階東側に配置し、外干し用のバルコニーや収納を設けて、「洗う・干す・畳む・しまう」をスムーズに。上下階の移動なく、2階で生活が完結できるのも便利です。西側のガレージの上に設けたもうひとつの広いバルコニーは、LDKの延長として使える憩いの場。週末はテーブルを出して家族でバーベキューを楽しまれているそう。「夏はここでビールを飲んだり、プールを出して子どもに水遊びをさせています。屋根があるので、直射日光が当たらず快適ですね。コロナ禍で自粛生活をしていても、家の中に遊び場があるからストレスが溜まりません」とSさま。その笑顔が満足感を物語っていました。

2021.09.03
#建築実例
住まいを新築するときにかかる税金

住まいづくりを計画するうえで考えておくべき費用は、建築費や土地購入費として提示される
金額以外にも、税金や住宅ローン関連費用、引っ越しや家電家具購入費用などがあります。

2021.09.03
#税金 #資金計画
ワークスタイルに合った
スペースづくりで快適に

室内にワークスペースを設ける場合には働くスタイルに合わせるのが重要です。
今回は、そのポイントをご紹介します。

2021.08.30
#インテリア #在宅ワーク
薬草の力で
夏の疲れを癒す

その土地の力で育つ日本古来の薬草は野生の生命力がみなぎっている。伝統茶ブランド「tabel(タベル)」の新田さんに、薬草文化や夏の疲れを癒す薬草について伺った

2021.08.25
#暮らしや趣味を楽しむ
分譲住宅購入のために活用しやすい
住宅取得支援策

国が実施している住宅取得支援策の活用期限も残り少なくなってきました。分譲住宅の購入に今からでもご活用いただける住宅取得支援策をご紹介いたします。

2021.08.13
#資金計画
落合陽一さんに聞く
テクノロジーが住まいにもたらす「新しい自然」の心地よさ

飛躍的に進化したデジタルテクノロジーが、これまでとは全く違う「新しい自然」を生み出しつつある。
その最先端で研究に取り組んでいる落合陽一さんに、近未来の住まいの可能性についてうかがった。

2021.08.11
#健康・リラクゼーション #暮らしや趣味を楽しむ