トップ - HomeClub特集 - 家事•成長•安全安心から考える子どもも大人も幸せな住まい

MISAWA KIDS DESIGN

家事•成長•安全安心から考える
子どもも大人も幸せな住まい

#子育て住宅

急激に変化する社会環境と価値観。そんな時代のなかで、安全・安心に子育てができ、
家族みんなが幸せに暮らせる住まいづくりとは何か。
そんな理想の住まいづくりを実現するために必要な視点について考えてみよう。

住まいを取り巻く環境の変化と課題


限られた敷地での
空間構成
1990年代後半から続く、都市部への人口回帰傾向。地価の高い都市部で家を建てようとする場合、敷地面積に制約のあるケースが多く、限られた敷地を最大限に活用しながら、家族が豊かに暮らせるための空間構成が求められる。


共働き世帯の
在宅ワーク化
共働き世帯の増加に加え、働き方改革やコロナ禍における新しい働き方として在宅ワークが増加。住まいには、家族が暮らす場としてだけでなく「働く場所」としての役割も求められ、子育てや家事と両立しやすいことが必要に。


激甚化する
自然災害の脅威
自然災害の発生リスクが先進国のなかでも群を抜いて高いといわれる日本。しかも、大規模災害が常態化している。住まいについても、自然災害に耐えられ、災害発生後も安心して暮らせる強さが求められている。


郊外への
移住ニーズ
都市部への回帰傾向が顕著な一方、テレワークなどで通勤が不要になり、住みたかった場所や子育てしやすい環境を求めて、郊外や地方へ移り住みたいというニーズも増加。そうしたニーズに応える新たな住まいが求められる。

「つながり」で叶えるこれからの住まい

住まいづくりを考え始めるきっかけは人それぞれ。けれど、「子育てのため」という理由が多いのは、昔も今も変わらない。では、子育てにとってよい住まいとは何だろう。おそらく「子育てしやすい環境」という、実は住まいそのものではなく住まいの外側にある要素か、「子ども部屋がある」「家族が集まれる広さのリビング」といった、漠然としたイメージであることが少なくない。「住まいは巣まい」という理念のもと、1967年の創立以来、一貫して子どものための住まいづくりに取り組んできたミサワホーム。そんなミサワホームが提唱するよりよい子育てのための住まいづくりは、親子の暮らし方や子どもの成長がイメージしやすい提案が数多く盛り込まれている。「CENTURY Stylepro」も、そんな住まいの一つだ。建物という「ハード」と、暮らし方という「ソフト」の両面から、「家事」「成長」「安全・安心」の3つの軸で親と子のつながりをサポート。より健やかな子育てを実現できる新しい住まいだ。

特筆すべきは、これからの日本の住まいに求められるさまざまな課題にもしっかりと応えている点だ。たとえば、共働き世帯でも家事や子育てがしやすいこと。テレワークに対応できるワークスペースの提案をはじめ、社会の価値観の変化とともに多様化するライフスタイルにも対応でき、柔軟な使い方が可能な住まいであること。他にも、都市部の住まいの課題である限られた敷地面積の有効活用や、近年増えつつある郊外への移住ニーズにも応えられる空間設計。さらには、新型コロナウイルスの出現で必要となった新しい生活様式を快適に実現する提案や、自然災害にも耐える強さを備え、日常から非日常まで、子どもや家族の安全・安心を守る住まいづくりなども挙げられる。 そのための提案とはどんなものなのか。先述した「3つの軸」から紐解いていこう。