MISAWA ZEH

エネルギーを創って貯める
ZEHでさらに心地いい省エネライフ

#スマートハウス・ZEH

ZEHにおいて、高断熱とならび大切なのが、「省エネ」と「創エネ」の性能だ。
この2つの性能を担うのは、高効率の空調や給湯器、消費電力の少ないLED照明などの機器や太陽光発電システムなどだ。

省エネ

家庭内のエネルギー消費のなかで大きなウエイトを占めるのが、空調・照明・給湯の3つだ。これらに省エネ効果の高い設備やアイテムを導入すれば、家庭内での使用エネルギーの大幅削減が可能。ZEHを効率よく実現できる。

創エネ

ミサワホームでは、独自開発した「屋根建材一体型太陽電池」を採用。敷地条件を配慮した屋根の向きや屋根勾配など、効率的に発電する条件をクリアしながら、すっきり美しい外観も実現。太陽光とのW発電もできる家庭用燃料電池「エネファーム」も用意。

畜エネ

太陽光発電システムと蓄電池を接続すれば、発電した電力を蓄えられ、エネルギー効率がさらにアップ。ふだんの電気代が抑えられるだけでなく、災害による停電時も安心。電気自動車などを蓄電池代わりとして使用できるシステムもある。

ZEHにおいて、高断熱とならび大切なのが、「省エネ」と「創エネ」の性能だ。この2つの性能を担うのは、高効率の空調や給湯器、消費電力の少ないLED照明などの機器や太陽光発電システムなどだ。「省エネ」と「創エネ」は、断熱性能のような住宅メーカーごとの違いがないように思えるが、実際にはこの点にも住宅メーカー独自の創意工夫が織り込まれている。たとえばミサワホーム独自の「微気候デザイン」。これは自然の光や風を積極的に採り入れて、快適な室内環境をデザインする設計手法のこと。空調機器に頼り過ぎずに心地よく暮らせる室内環境が整えられるので、太陽光や爽やかな風などの自然の恵みを感じながら、空調機器の使用電力を減らすことができる。また、省エネ・創エネ機器のウエイトを抑えられれば、将来にわたるメンテナンス費用といったランニングコストの削減にもつながる。

また、意外と見落としがちなのが換気システムで、ZEHにはとても重要な要素だ。ミサワホームでは、熱損失を抑えられる熱交換器による省エネ性能にすぐれた「フロアセントラル換気システム」を標準採用。今では常識となっているセントラル換気システムだが、業界で初めて標準仕様としたのはミサワホームだ。独自に開発した換気システムは進化を続け、最新型では業界初の邸別一定風量制御を実現し、省エネ性能をさらに高めている。加えて、高性能な「HEPAフィルター」を設定するなど、よりクリーンな空気環境に徹底的にこだわっているのも見逃せないポイントだ。