トップ - HomeClub特集 / ライフスタイルを考える - 新しい時代の進化した企画住宅

Special Interview

新しい時代の
進化した企画住宅

#健康・リラクゼーション#在宅ワーク

これからの住まいに求められる要素とは何か。それらをパッケージ化した企画住宅とはどんな住まいなのか。
ミサワホームで企画住宅の開発を担当しているデザイナーの富田直樹さんにお話をうかがった。

「欲しい」がつまった家

在宅時間が長くなったコロナ禍の暮らしは、多くの人々にとって住まいを見つめ直す機会になっている。そのなかで、「ウィズコロナ」「アフターコロナ」といわれるニューノーマル時代に向けて、従来の住まいでは足りない要素も見えてきた。リモートワークが求められているのに在宅ワークができる部屋がないという声は、その代表的なものだ。ミサワホームの富田さんは次のように語る。住まいにワークスペースを設けることはもちろんですが、新型コロナウイルスに限らず、感染症対策も重要です。感染リスクを減らす衛生的な室内環境や、感染を予防する衛生習慣を身につけやすいことも求められます。また、家族みんなの在宅時間が長くなると、料理などの家事の負担も増えますので、今まで以上に効率よく家事ができることも大切でしょう。家族で家事を楽しくシェアできるなら、なおいいですよね。求められる要素は他にもある。「外出を控える習慣のもとでは、在宅時間をより快適に、さらに充実させることができる住まいであることも必要でしょう。共働きのご夫婦にとっては、在宅ワークでお互いの仕事による活動時間やスタイルの違いをストレスなく許容できる工夫もうれしいはずです。また、家にいる時間が増えれば電気代もかかりますから、省エネ対策も大切になります。

「企画住宅」とは?

こうした要素を違和感なく取り入れた住まいが欲しい。そう考える方にとって、選択肢の一つとな るのが、企画住宅「SMART Brands WS」だ。ミサワホームが考える企画住宅とは、高い水準の基本性能に加え、プロの目線で新たな生活提案を盛 り込んだ住まいのこと。快適に暮らせる住まいの絶対条件はそのままに、時代が求める要素を使いやすくパッケージ化した住まいだ。『SMART Brands WS』は、「ニューノーマルライフを豊かにデザインする」というコンセプトで開発しました。約3mの高天井リビングを標準とし、2階には4つの部屋を確保。その他、効率的に在宅ワークできるワークスペースを3タイプご用意し、衛生的な暮らしをサポートする工夫やレジリエンス性も強化しています。家事効率をアップし、家事をシェアしやすい動線計画、共働き世帯の子育てをサポートする工夫など、さまざまな提案をパッケージ化した住まいです。

コストパフォーマンスも魅力

『SMART Brands WS』は、我々が何万棟という実績から得たノウハウを結集させ、時代に合わせてご提供する『最適解』の住まいです。加えて、空間やインテリアのカスタマイズ性が高いことも特長です。たとえばフリープランの住まいを検討する場合では、つい『今』のことだけを考えた間取りになりがちですが、カスタマイズ性が高い『SMART Brands WS』は、『今』はもちろん、『将来』のライフスタイルの変化にもしっかりとお応えできます。住まいのプロが考え抜いた空間構成や暮らし方の提案により、いつまでも愛着を持ってお住まいになれる、後悔のない選択になるものと考えています。こうした魅力に加え、企画住宅ならではのコストパフォーマンスの高さも見逃せないメリットの一つ。フリープランとの価格差をゆとりある暮らしに活かせば、新しい住まいでの暮らしは、より豊かになるはずだ。実際、企画住宅の人気は高い。その背景には、確かな審美眼を持 つ消費者が増えていることが挙げられるだろう。自分にとって本当に必要な価値とは何か。それを知っている消費者の、かしこい選択となっているに違いない。新しい時代に必要な提案をスマートに織り込みながら、心地よく暮らせる住まい。それが「SMART Brands WS」だ。