トップ - HomeClub特集 / ライフスタイルを考える / 住まいのイメージをふくらませる - スムーズな家事は動線が重要家事スタイルや暮らしに合った配置を

Flow line

スムーズな家事は動線が重要
家事スタイルや暮らしに合った配置を

#キッチン#家事が楽

キッチンは、その機能性に加え、
家事動線も合わせて計画すれば、さらに使いやすくなる。

その一例となるのがミサワホームの提案する「サーキュレーションプラン」による動線計画だ。ポイントは、キッチン、ダイニング、子どもの学びの場、リビング、マルチコーナー、ファミリークロゼット、洗面所、さらにはパントリーなどの収納を、回遊できる動線上に設計していることだ。このプランは、さまざまな家事動線をコンパクトにし、家事の効率アップに貢献するものだ。たとえばキッチンは、料理をしながらリビングで遊ぶ子どもの見守りができ、勉強している子どものもとへもさっと移動することが可能だ。多彩に使えるマルチコーナーは、隣接した洗面所やファミリークロゼットと合わせ、「洗う」「干す」「畳む」「しまう」という一連の作業がスムーズにできる動線設計で、洗濯の効率がアップ。また、キッチンから見守れる子どもの遊び場としても活用できる。キッチンから見える場所にはパントリーを設置。キッチンとの動線が短いため、足りない食材に気づいたときでも素早く取りに行くことができるし、重い鍋などの調理器具をしまっておいても、最短距離でキッチンまで運ぶことができる。また、同じ動線上にあるダイニングに食器を運ぶことも容易なので、小さな子どもでもお手伝いがしやすく、家事シェアの習慣が自然と身に着けられるといったことも期待できる。いくつもの家事をこなしながら、効率よく行える動線を考えたキッチンは、共働きの子育てファミリーはもちろん、夫婦二人の忙しい朝など、さまざまな場面で使いやすさを実感できるはず。加えて、家族がどこにいても、お互いの気配を程よい距離で感じられることも、うれしいポイントだ。

サーキュレーションプラン

行き止まりがなく、ぐるりと回れる動線を実現する「サーキュレーションプラン」。キッチンを中心に、ダイニングやリビング、マルチコーナーがつながるので、家事効率を高め、子どもの見守りや在宅ワークなどを容易に行うことができる。


パントリー

まとめ買いした食品や使用頻度の少ない食器などを保管しておくパントリーも、サーキュレーションプランの動線上に。家事効率やシェアのしやすさがアップ。


ホームコモンズ

子どもの学びの場となる「ホームコモンズ」を、サーキュレーションプランの動線上となるダイニングに設計。生活のなかで自然に顔が合わせやすくなり、家事と子どもの見守りも両立できる。在宅ワークスペースとしても活用可能。


マルチコーナー

キッチンに隣接した「マルチコーナー」は、子どもの遊び場やお昼寝スペースなど、さまざまに活用可能。取り込んだ洗濯物を掛けておける物干しスペースを設けておけば、雨天や外出時の室内物干しにも使えて便利だ。


洗面所

洗面所やバスルーム、キッチンなどの水廻りを集約して、サーキュレーションプランの動線上に設計。乾燥後の洗濯物を料理の合間にしまうなど、スムーズな家事動線が実現。