トップ - HomeClub特集 / ライフスタイルを考える - 多彩な衛生対策を備えて災害にも感染症にも強い住まい

多彩な衛生対策を備えて
災害にも感染症にも強い住まい

#子育て住宅

激甚化する自然災害や、高まるウイルスなどの感染症リスク。
「SMART Brands WS」は、そうしたリスクにもしっかり対策を講じた住まいだ。

1967年の創立以来、地震による建物の倒壊ゼロ*の実績を誇る独自の「木質パネル接着工法」をベースに、独自の制震装置「MGEO(エムジオ)」を組み合わせた住まいは、大地震の揺れにも耐える強さを実現。感染症については、感染リスクの高さに応じて、室内を「レッド」「イエロー」「ホワイト」の3つのゾーンに分け、必要な場所に集中的に対策を施すことで、効率的かつ効果的な対策を実施。 特筆すべきは、感染症対策にも、子育ての視点が大事にされていることだ。たとえば、ウイルスの家の中への持ち込みを防ぐ提案である「ただいま動線」。玄関からの短い動線上にファミリークロゼットや洗面所が設けられているので、帰宅後につい遊びを優先しがちな子どもも、コートやカバンをすぐにしまい、うがいや手洗いを忘れずに実行できる。親が子どもに「手洗いは?」と注意する回数を減らし、子どもが衛生習慣を身に付けやすくなる効果も期待できる。 帰宅後の手洗いの徹底は、先述した住まいの生活調査でも多く挙がっていた回答の一つ。他にも、外で買ってきたモノを居室に入れる前に消毒するという声もあったが、「ただいま動線」は、そんな声にも応えらえるものだ。動線上には、買ってきた食料品などを玄関から直接しまえる収納を設置。玄関側からしまい、キッチン側から取り出せる2Way収納なので、先に入れたモノから消費していけば、その行為がそのまま「ローリングストック」を実行していることになる。この他、すぐれた断熱性能によってZEH基準に対応できることも見逃せないポイントだ。太陽光発電などで電気をつくることができ、省エネ性能にもすぐれた「SMART Brands WS」のZEHは、災害発生から復旧までの間、自立した生活が可能となる。災害時の避難所は、人が密の状態になりやすく、感染症リスクが格段に高いといわれている。自然災害が頻発している今、在宅避難ができることは、子どもを守るための住まいにとって、不可欠な要素といっていいだろう。

*地盤に起因する被害、地震に伴う津波や火災による被害は除く。

「ただいま動線」

[課題] 衛生習慣・ウイルスを持ち込まない ▶︎ 「ただいま動線」
玄関から居室に入ることなく洗面所に直接行ける「ただいま動線」で、帰宅したらすぐに手洗いやうがいができる。玄関には外出時のカバンやコートを収納するファミリークロゼットも設置。感染症の原因となるウイルスなどが室内に持ち込まれるのを防止する。

抗菌・抗ウイルスアイテム

[課題] 家庭内感染 ▶︎ 抗菌・抗ウイルスアイテム
室内に入ってしまったウイルスには、抗菌・抗ウイルス効果のある壁紙やフローリング、手すり、ドアノブなどで活性を抑える。加えて、高性能なフィルターを搭載した換気システムで、それらを除去するよう働きかける。

ローリングストック収納

[課題] 在宅避難の備え ▶︎ ローリングストック収納
ローリングストック収納とは、備蓄食を消費期限の早いものからふだんの暮らしで消費し、食べた分を買い足していく収納方法。備蓄した食料を消費しながら管理できるので、万が一の災害の際に消費期限が切れていて食べられないといった事態を防いでくれる。食を通じて、子どもの防災意識を高めるという効果も。