#収納術

"蔵"という空間は、
子どもの創造力を育む

居室とは別に設けられるミサワホームの大収納空間「蔵」。「蔵」は単に便利な収納としてのみではなく、子どものクリエイティビティを刺激し、そのリソースとなる空間だ。季節のモノをしつらえ、四季を楽しむことによる感性を育む。父母の愛着のモノにより、子どもの好奇心を刺激する。「蔵」という大きな空間が、子どもの世界を広げていく。その意味を、ミサワホーム総合研究所の富田さんに聞いた。

2014.12.22
#収納術
光と風と、春には桜。
陽だまりに家族がくつろぐ

吹き抜けと窓から光があふれる春はバルコニー越しに桜を楽しむ

2014.12.22
#3階建 #一戸建て #二世帯住宅 #収納術
オープンなキッチンで、
家族が集まる

家族がつながるワンフロアのLDK収納や設計の工夫で広々した空間に

2014.12.22
#3階建 #ガレージ #一戸建て #収納術 #家事が楽
家事も子育ても楽しむ、
プラン設計と収納

すっきりと美しい22畳のLDK家事動線に暮らしやすさの工夫

2014.11.10
#一戸建て #収納術 #太陽光発電住宅 #家事が楽
「片づけ力」を育むのは、
ママの大切な仕事です。

小学生の男の子と女の子のママである鈴木尚子さん。現在、SMART STORAGE!の代表として、家族構成やライフスタイルを重視した整理収納方法を提案している。2014年3月には、「ママと子どもの心地いい収納」を出版。子どもたちと対話しながら、片づけ力を育むことの大切さ、そのことが、子どもの選ぶ力や考える力につながることを語っている。

2014.08.22
#収納術
つながる、つながる、
オープンな空間

家族の希望をデザインで叶える回遊動線でつながるオープンな設計

2014.07.25
#一戸建て #二世帯住宅 #収納術
モノを増やさない、
モノを出さない生活。

あふれるモノによって、なんだか気持ちが落ち着かない。モノの存在が、気になって、ついつい心がザワザワしてしまう。そんな心のノイズを消すためにも、モノとのつきあい方を考えたい。「考えない練習」「"ありのまま"の自分に気づく」の著者である小池龍之介さんに、モノを増やさない、モノを出さない生活、そして、すっきりとした空間で過ごすことの価値を聞いた。

2014.07.24
#収納術
モノを出さずに
スッキリと暮らしたい

家具を増やさず、すっきり暮らす収納と造作家具を組み合わせて活用

2014.06.20
#一戸建て #収納術 #太陽光発電住宅
大きなおもちゃ箱で、
子育て期も美しく

アジアンモダンな癒しテイスト子育て期もすっきり快適に過ごす

2014.06.20
#一戸建て #収納術