#防災・減災住宅

住まいは社会の重要なインフラに
その進化へチャレンジし続ける

世界初のゼロ・エネルギー住宅をはじめ、数々の「世界初」「業界初」を生み出してきたミサワホーム。
創立から半世紀以上にわたる長い歴史は、新たな技術への挑戦の歴史といえるもの。
そして今、未来の暮らしを支える新たな住まいをめざす挑戦が始まっている。

2021.11.16
#スマートハウス・ZEH #健康・リラクゼーション #暮らしや趣味を楽し #防災・減災住宅
まちの機能や「蔵」のある住まいで
人と社会の「共創」と「共助」を生み出す

戦後の日本の住まいは、プライバシーの確保を大命題として進化してきた。
だがその進化は、人と人、人と自然などのつながりを希薄にしてきた一面もある。

2021.11.16
#収納 #防災・減災住宅
自然災害の発生時にもあわてない!
適切な避難をするための準備を

いつ発生するかわからない自然災害。対策に必要な心構えや準備には何が必要なのか。
防災アドバイザーとしてさまざまなメディアで活躍する防災士の岡本裕紀子さんにお話しをうかがった。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
自助と共助を組み合わせながら
防災・減災を可能にする住まい

国による「公助」中心から、「自助」「共助」をさらに重視した防災活動を――。
これからの防災には、そんな意識のあり方が求められている。そんな時代に必要な住まいの防災・減災力について考えてみたい。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
自助を促す「備え」を取り入れ
災害時も安心できる住まいづくり

災害時、最も大切なのは、まずは自分たちの身は自分たちで守ること。
そのためにも、暮らしの器となる住まいはとても重要になる。
求められているのは、感染症などの新たなリスクに備え、在宅避難が容易な住まいだ。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
災害にも感染症にも対応できる
余力のある空間づくりとアイテム

新型コロナウイルスなどの感染リスクへの対策も、
これからの住まいには不可欠だ。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
電気も生活用水も備えて安心!
エネルギーなど生活インフラ自給対策

住まいの防災対策は、災害発生時だけでなく、災害発生後も視野に入れておくことが必要だ。
たとえば、避難所に避難することなく、自宅で生活を継続できることもその一つ。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
まちとつながる住まいの工夫で
被災時の「共助」を促す

地域の住人のつながりは、災害発生時には、大きな安心となり、救助活動の大切な柱にもなる。
そのためには、日ごろから近隣同士の交流を育んでおく必要があるはずだ。
そんな交流を自然に促してくれる住まいなら、被災時の「共助」はさらに心強いものになる。

2021.09.10
#在宅ワーク #防災・減災住宅
住まいとまちがつながって「場」にとらわれない
新しい暮らし方と働き方を実現する

持続可能な社会に貢献するには、住まい自体が持続可能性を追求することが必要となる。
その鍵となるのが、「可変性の高さ」だ。

2021.08.11
#健康・リラクゼーション #収納 #都市型住宅/賃貸併用 #防災・減災住宅
12