トップ - 暮らしのプロたち - つながりを感じながら心地よいデザインに暮らす

case 32

つながりを感じながら
心地よいデザインに暮らす

岩手県 Oさん

暮らしの中心を、いちばん心地よく
「生まれてくる子どものために、暮らしの中心になるリビングを、いちばん心地よい場所にしたいと思いました」とOさん。ミサワホームの展示場を訪れ、蔵の収納力とスキップフロア空間を体感。「これなら敷地に制約があっても、広いリビングも家族のプライベート空間も、両立できると実感できました」。

広がる住空間を、ゆるやかにゾーニング
完成した住まいは、南北に開いた窓から陽射しを招く、オープンな住空間。リビングはリラックスできるように、ダイニングは食事を楽しむように。それぞれの空間の役割を明確にしながら、天井の高さに変化を付けることで、開放感を損なわずにゆるやかにゾーニングする工夫が施されている。

動きやすいキッチンは、会話も弾む
キッチンはリビングを広く保ちながら、生活感も程よく隠せるよう奥側にレイアウト。「無駄なく動けるL字型を選んで正解でした。会話を楽しみながら、料理ができます」と夫人。収納はパントリーや玄関クロゼットなど、生活動線にあわせて計画。2階には大収納空間「蔵」を設けて、荷物がスッキリおさまり、美しい暮らしが続く。

空間はシンプルに、愛着の続くデザイン
デザインはシンプルにして心を落ち着かせるように、細部にまで気を配っている。折り上げ天井に間接照明を組み込みやわらかい印象に。テレビの後ろは、壁一面を刻調内壁材で装飾。凹凸による立体感が光の陰影をつくる。配線は壁の反対側に設けた収納に隠している。全体も細部も考え抜かれた、心地よい暮らしをデザインしている。

3LDK PLAN

延床面積
159.25m2(48.1坪)
敷地面積
155.79m2(47.1坪)
工法・構造
木質パネル接着工法(プレハブ)
竣工年月
2020年4月
販売会社
東北ミサワホーム

間取図1階 間取図2階

LINK