トップ - THINK LIFE / 住まいの計画を立てる - 在宅時間を充実させる!大人の学びで新しい幸せ

interview

在宅時間を充実させる!
大人の学びで新しい幸せ

プロティアン・キャリア協会 代表理事
法政大学 キャリアデザイン学部教授
田中 研之輔さん

学びやすい環境が
整ってきている今だからこそ、
在宅時間を充実させるためにも、
大人の学びを始めてみてはどうだろう。
「学びは幸せに直結します」と語る
田中教授にお話を聞いてきました

  • 写真2

  • 変幻自在のプロティアン・キャリア
    世の中が急激に変わっていくなかで「変化に翻弄されるか」、「変化に適応するか」‥‥。僕が提唱しているプロティアン・キャリアは、変化に適応しながら、変幻自在にキャリアをデザインするという考えです。それは不安を感じて立ち止まるのではなく、組織に依拠してキャリアを考えるのではなく、主体的に行動して人生を豊かにしていく生き方です。

    すべての経験をキャリア資産に
    プロティアン・キャリアでは、ビジネスだけでなく、プライベートや趣味、友人や地域のネットワーク‥‥すべての経験をキャリア資産に変えることができます。たとえば、ママになって育休に入ると「キャリアが落ちる」という考えがありますが、それは違います。子育ては、日々のアンコントローラブルな事象に対応していくわけですから、マネジメント能力を上げることができるわけです。
  • 写真3

  • 新しい学びが幸せを増やす
    人は同じことを続けていると、停滞してしまうものです。新しい挑戦こそがキャリア資産を増やします。いろいろ始めてしまえばいいんです。プロティアンの本を読んで、英語を学び直した人やヨガを始めた人がいますが、始める前よりも幸福感が下がる人はいないですね。新しい学びを始めて、ひとつの目標を達成することは、幸せに直結します。学びは「人生のごちそう」なんです。

    自分の好きを突き詰める
    学びは強制的なものではないから、自分が好きな世界を突き詰めたらいいんですよ。なんでもよくて、料理でもデザインでも、家庭菜園でも、こういうモデルハウスを巡るでもいい。そういうアクションが、あるときに人生の助けや支えになりますし、キャリアの可能性を広げるんです。学び続ける人とそうじゃない人は、人生が大きく違ってきます。

    学びで、新しいコミュニティを
    キャリアに悩んでいる人の多くは、所属する組織がひとつしかないんです。たいてい会社と家庭しかないから、会社でうまくいかないとそれが家庭に波及して、逃げ場がなくなってしまう。学びを通じて、ビジネス、スポーツ、美容、音楽のコミュニティ‥‥いろいろコミュニティをつくっておけばいい。それがある種のサードプレイスになりますし、人的なネットワークが広がって人生を楽しむ資産となります。
  • 写真4

  • パーパスに近づく学びを
    僕はビジネスキャリアを相談されると「あなたの人生のパーパスは?」と問いかけるんです。「社会のなかでの自分の存在意義」や「なにを成していきたい」を考えることが重要です。それがあると、モチベーションが続いていく。好きなことを通じて、パーパスに近づくのがいいんです。そして、感覚的にキャリアを形成していくのではなくて、次なる成長に向けて、今はなにを学ぶべきかを戦略的に描いていってください。

    やるべきことを明確に
    30代で将来を迷っている人は、やらなくていいことに時間を費やしています。やらなくていいことを明確にして、やるべきことをやっていく。それが見つからないから、なんでもいいから、つまみ食いするのがいいですね。

    打席に立ってください
    プロにならなくてもいいけど、バッターボックスに立たなかったら、どんなボールが来ているか分からない。スタンドから見ても分からない。外から見ているだけでは先に進めません。立てばいいんです。デッドボールを受けたとしても、そっちの方がいいんです。そうしないと、新しいことに出会わないから。
  • 写真5

  • 写真6

    ミサワホームの在宅ワーク空間

  • 大人の学びの環境が整っています
    今はリーズナブルな学びがいくらでもあります。それにオンライン化が進んでいるので、自宅で学びやすい。たとえば、大学の社会人向けのWEB講座やリンクトインにイーラーニングコンテンツがあったり‥‥。僕は日常的に海外のユーチューブ動画を見ています。大学教授が最新の情報科学やAIとか語ってくれています。オートで字幕が入りますし、便利な時代です。

    在宅時間や自宅を活かして
    在宅時間の使い方としても、大人の学びは有効です。楽しいことをしているとき疲れないから、リフレッシュにもなります。それに自宅であれば、在宅ワークコーナーやリビングや庭と好きな場所で学ぶことができます。そのときどきでベストな場所を選んで、常に新鮮な状態に自分を置いておくと生産性がいい。僕はときどきマッサージチェアに座って、パソコンを使っていますが、そういうのもお勧めです。

    人生100年時代ですから
    昔の人の3人分生きることになります。80歳でプログラマーになったおばあちゃんとかいるじゃないですか。ずっと新しいことをやったらいいんです。仕事も趣味もプライベートも、主体的に取り組んで人生を楽しんでください。ぜひ、立ち止まらずに進んでいってください。

    撮影:ミサワホーム「GENIUS 蔵のある家」石神井展示場
  • 写真7

profile

田中 研之輔さん写真
田中 研之輔さん
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会 代表理事、法政大学 キャリアデザイン学部教授 博士(社会学)、専門はキャリア論、一橋大学大学院社会学研究科博士課程を経て、メルボルン大学、カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員を務める。大学と企業をつなぐ連携プロジェクトを数多く務める。民間企業の取締役や社外顧問を27社務める。著書は25冊、「プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論」、「ビジトレ−今日から始めるミドルシニアのキャリア開発」など。

関連サイト
田中 研之輔オフィシャルサイト

information

プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術
プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術
プロティアンは、ギリシャ神話に出てくる、思いのままに姿を変える神プロテウスのこと。プロティアン・キャリアは、その姿から転じて、社会や職場の変化に応じて柔軟にキャリアを変えていく生き方です。本書では、人生を生き生きと楽しむための提案を行っています。