サッシ全般/引違サッシ/縦辷り出しサッシ/両上げ下げサッシ/ジャロジー

サッシ全般

窓枠(サッシ)は柔らかい布で水拭きした後、乾いた布で十分に水分を拭き取ってください。落ちにくい汚れは中性洗剤をつけた布で拭き、水拭きと乾拭きで仕上げましょう。


注意点 

ヒビ割れたガラスは少々の衝撃でも破損する恐れがあります。思わぬケガを防ぐためにも取り替えましょう。


ガラスにフィルムを貼ったり、カーテンやブラインド、家具、小物類を密着させると、熱割れの原因になります。


窓の近くに暖房器具を置くと、熱でガラスがゆがんだり熱割れを起こすことがあります。


・アルカリ性、酸性の洗剤や溶剤は変色の原因になります。





 

夏に向けての住まいのお手入れはいかがですか?6月は梅雨に入ると天気が良い日が少なくなりますので今のうちに網戸、サッシのお手入れを行っておくとお家にとっても優しいメンテナンスになります。

引違いサッシ

定期的に、下部レール、戸車などの清掃を行ないましょう。ほっておくと、下レールにたまった砂や小石などで戸車が破損することがあります。グレー色のサッシのレール部分の黒ずみは、サビなどの腐食ではなく、砂や小石でこすれた跡というケースが多いです。 


注意点 

・外れ止めは、危険防止のため必ずセットしてください。


防犯用ロックをかけたままサッシを開けないでください。ボタン類が破損することがあります。


P67引違いサッシ.JPG

住まいの内外に大きな温度差があると、空気中の水蒸気が水滴になって現れる結露は不快なだけでなく、建物にも被害を与えます。原因を理解して予防法を活用し結露のない快適な住まいを目指しましょう。

縦辷り出しサッシ

注意点

清掃の際はロックを解除することによりほぼ直角まで開きますが、その状態で放置しておくと突風などによりあおられので、大変危険です。




 

両上げ下げサッシ

注意点 

両サイドに内蔵されているバランサーの寿命は6~8年(1日3回の開閉)です。


開閉が急に重くなったり、自然に下がるようになったら、サッシを閉めて施錠し、担当のミサワホームにご連絡ください。




 

ジャロジー

注意点

ガラスを押さえつけるような清掃の仕方はガラスを割る危険性があります。


ハンドルに無理な力を加えると、ハンドルを固定するネジがゆるむことがあります。


開閉が重い時は、ルーバークリップ(ガラスを差し込んでいる両端のツメ)が開いていることがあります。指で押し戻して、枠と並行になるように調整しましょう。


P67ジャロジー.JPG



サッシの錠(クレセント)がかかりにくい

■ クレセントと受けの位置を調整する。

①ビスキャップを上下にスライドさせてプラスドライバーでビスをゆるめ、上下に調整します。クレセントがぴったり入る位置でビスを締めます。

295_1.png

②クレセント受けのビスをゆるめ、左右にスライドさせて調整します。クレセントがぴったり入る位置でビスを締めます。斜めにならないよう注意しましょう。

295_2.png

■ 必要な道具・材料

プラスドライバー
サッシや玄関がスムーズに動かないと気分が悪いですよね。これらは意外に簡単な調整でスムーズに動くようになります。今月はサッシと玄関の調整に挑戦してみましょう。

サッシがスムーズに開け閉めできない

■ 上下にすき間がある場合...。

サッシが枠にきっちりおさまらず、上下にすき間ができた場合、戸車の高さを調整します。

①サッシの下部の戸車調整孔にプラスドライバーを差し込み、調整ネジを回して戸車の高さを調整します。戸車はサッシの両サイドにあります。
右に回すと戸が上がり、左に回すと下がります。

294-1.png

②戸車調整後、レールをはさみ込んでいる樹脂部分のネジをゆるめて、上下調整してください。

294-2.png

※各調整ネジは製品により多少異なります。

■ 必要な道具・材料

プラスドライバー
一覧に戻る