カーペットにシミがついた

● カーペットにシミは、ついたらすぐ落とすのが一番です。
● 油性のものとそうでないもの、色素の強いものなど、シミの種類によって使う洗剤などが違うので注意が必要です。
● 汚れの周辺から中心に向かって拭き取るようにします。逆にすると、汚れが広ってしまいます。

■ シミ抜きをする。

コーヒー、紅茶

シミの部分にぬるま湯をかけ、吸い取り紙やタオルをあてて、トントンと叩くように吸い取ります。時間の経ったものは、住まいの洗剤を入れたぬるま湯に白い布を浸してシミにつけ、固いブラシなどでつついてシミを吸わせた後、酢水(酢小サジ1:湯小サジ3)で、同様にします。

246_1.png

牛乳、乳製品

ぬるま湯で拭き取ります。残った汚れはベンジンで軽く拭きます。

ガム
一般的には、氷やドライアイスで冷やして固めると、パリパリとはがれます。冷やしても固まらないタイプのガムはつまようじなどで丹念に取り、それでも残った分はガムテープの粘着面を「押し付けてはがす」をくりかえすと意外にきれいに取れます。

246_2.png

ケチャップ、カレー
ペーパータオルで拭き取った後、塩・重曹・粉末洗剤などを大量に振りかけ、べとべとした成分を吸い取らせます。残った粉を拭き取ったら、乾いたタオルでよく拭きます。カレー粉などの色素が残った場合はアルコールで落とします。

246_3.png

マニキュア
テレピン油でやわらかくしてからシンナーで拭き取り、中性洗剤を入れたぬるま湯で拭き上げます。

血液
冷たい塩水(冷水10:塩1)で汚れを拭き取った後、ぬるま湯で拭き上げます。

尿、ペットのおしっこ等
塩水、ホウサン水で拭くか、アルコールと酢酸の混合液で拭いた後、中性洗剤を入れた水で拭き上げます。ペットの糞尿は、塩水で拭き取ってからアンモニア水(5%)で拭き、中性洗剤を入れたぬるま湯で拭き上げます。

246_4.png

■ ワンポイントADVICE

血液や生卵等に、お湯は禁物。

血液や生卵などのタンパク質はお湯を使うと固まる性質があるので、かならず水を使ってください。

■ 必要な道具・材料

・住まいの洗剤・ベンジン・塩・重曹・粉末洗剤
・アルコール・酢・ガムテープ・ペーパータオル
畳やカーペットのお部屋は裸足であるけたりゴロリと横になれたり、気持ちのいい空間ですよね。そんな畳やカーペットですのでいつもきれいにしておきたいものです。今月は畳とカーペットのお手入れ方法をご案内いたします。

カーペットに家具の跡がついた

■ 蒸して毛を起こす。

アイロンの蒸気をあてる

スチームアイロンの蒸気をあてながら、歯ブラシなどで毛を起こすようにします。何度かくり返して、カラ拭きで仕上げます。
245_1.png

■ スチームアイロンがない場合

水で絞ったタオルをのせて、上から軽くアイロンをあてます。歯ブラシで毛を起こし、カラ拭きで仕上げます。

■ 必要な道具・材料

アイロン・タオル・歯ブラシ
気になるフローリングの傷やへこみ、カーペットの焦げはありませんか。意外と簡単に自分で直せてしまうんですよ。補修方法を分かりやすく動画で解説しておりますのでチャレンジしてみませんか」。

カーペットにシミがついた

● カーペットにシミは、ついたらすぐ落とすのが一番です。
● 油性のものとそうでないもの、色素の強いものなど、シミの種類によって使う洗剤などが違うので注意が必要です。
● 汚れの周辺から中心に向かって拭き取るようにします。逆にすると、汚れが広ってしまいます。

■ シミ抜きをする。

コーヒー、紅茶

シミの部分にぬるま湯をかけ、吸い取り紙やタオルをあてて、トントンと叩くように吸い取ります。時間の経ったものは、住まいの洗剤を入れたぬるま湯に白い布を浸してシミにつけ、固いブラシなどでつついてシミを吸わせた後、酢水(酢小サジ1:湯小サジ3)で、同様にします。

246_1.png

牛乳、乳製品

ぬるま湯で拭き取ります。残った汚れはベンジンで軽く拭きます。

ガム
一般的には、氷やドライアイスで冷やして固めると、パリパリとはがれます。冷やしても固まらないタイプのガムはつまようじなどで丹念に取り、それでも残った分はガムテープの粘着面を「押し付けてはがす」をくりかえすと意外にきれいに取れます。

246_2.png

ケチャップ、カレー
ペーパータオルで拭き取った後、塩・重曹・粉末洗剤などを大量に振りかけ、べとべとした成分を吸い取らせます。残った粉を拭き取ったら、乾いたタオルでよく拭きます。カレー粉などの色素が残った場合はアルコールで落とします。

246_3.png

マニキュア
テレピン油でやわらかくしてからシンナーで拭き取り、中性洗剤を入れたぬるま湯で拭き上げます。

血液
冷たい塩水(冷水10:塩1)で汚れを拭き取った後、ぬるま湯で拭き上げます。

尿、ペットのおしっこ等
塩水、ホウサン水で拭くか、アルコールと酢酸の混合液で拭いた後、中性洗剤を入れた水で拭き上げます。ペットの糞尿は、塩水で拭き取ってからアンモニア水(5%)で拭き、中性洗剤を入れたぬるま湯で拭き上げます。

246_4.png

■ ワンポイントADVICE

血液や生卵等に、お湯は禁物。

血液や生卵などのタンパク質はお湯を使うと固まる性質があるので、かならず水を使ってください。

■ 必要な道具・材料

・住まいの洗剤・ベンジン・塩・重曹・粉末洗剤
・アルコール・酢・ガムテープ・ペーパータオル

カーペットに焼け焦げができた

■ 焼け焦げを削ってから埋める。

1. 焦げ部分を削る


焼け焦げ部分をカッターナイフの刃先で削り取ります。

244_1.png

2. 繊維を集める
部屋の隅など目立たないところで、焦げ穴が埋まるくらいの分量の繊維をそぎ取ります。カッターナイフは寝かせて軽く動かし、毛先を少しずつそぐように。

244_2.png

3. 木工用接着剤を塗る
木工用ボンドをまんべんなく、少し多めに焦げ穴に塗ります。

244_3.png

4. 繊維を埋め込む
集めた繊維を焦げ穴に埋め、指先で軽く叩くようにして周囲となじませます。

244_4.png

■ 必要な道具・材料

カッターナイフ・木工用ボンド
一覧に戻る