ステンレスシンクトップ

汚れが落ちにくい時やもらいサビが付いた時は、スポンジに液体クリームクレンザーを含ませ、
筋目(ヘアライン)に沿って磨きます。洗剤分を残さないように水洗いした後、乾いた布で水気を
拭き取りましょう。


注意点

・熱い鍋を直に置くと焦げ跡がつくことがあります。鍋敷きを利用してください。
・塩分や油脂分などの汚れを放置すると、もらいサビの原因になります。すぐに拭き取りましょう。
・鉄製のものを長時間置きっぱなしにすると、もらいサビの原因になります。
・スチールウールやタワシ、磨き粉等を使うとキズや変色の原因となります。


住まいのお手入れに欠かせない洗剤ですが、正しい使い方をしなければ本来の効果を発揮できません。使用場所や用途に合わせて洗剤を使い分け、効率的にお手入れしましょう。キッチンのお手入れも合わせてご案内します。

ステンレスにサビ、黒ずみができた

■ クリームクレンザーで、軽くこする。

1.スポンジにクリームクレンザーをつける
スポンジにクリームクレンザーをつけて、ステンレスの研磨目にそって軽くこすります。

2. 洗剤分を洗い流し、カラ拭きする
水で洗剤分をよく洗い流します。濡れたままだと表面がくもる原因にもなるので、仕上げに乾いた布で水分を拭き取っておきましょう。

■ 必要な道具・材料

クリームクレンザー

■ ワンポイントADVICE

野菜の切りくずに粉末クレンザーをつけてこすると、キズをつけずに汚れを落とせます。

270_1.png

カラ拭きの後、サラダ油を少し含ませた布か、汁を絞りきったレモンの皮で磨くと光沢が出て、汚れ防止にもなります。

270_2.png

住まいのお手入れに欠かせない洗剤ですが、正しい使い方をしなければ本来の効果を発揮できません。使用場所や用途に合わせて洗剤を使い分け、効率的にお手入れしましょう。キッチンのお手入れも合わせてご案内します。

人造大理石シンクトップ

・スポンジに中性洗剤をつけて拭いた後、乾いた布で水気を良く拭き取ります。
・汚れが落ちにくい時は、液体クリームクレンザーをお使いください。


注意点

・塩ビ系物質、ゴム製品を長時間放置したり、熱い鍋を直に置くと、変色の恐れがあります。鍋敷きをお使いください。
・金属たわしや粒子の粗いクレンザーは、表面を傷つけるので使わないでください。


人造大理石の表面にシミができた

■ 台所用中性洗剤を使う。

1. スポンジか布で強めに拭く

スポンジか布に台所用中性洗剤を含ませて強めに拭きます。
落ちにくい汚れの場合は、クリームクレンザーをつけたスポンジや布などで円を描くようにして拭き取りましょう。

271_1.png

2. カラ拭きで仕上げる
水拭きで洗剤分を落し、カラ拭きで仕上げます。

■ 必要な道具・材料

台所用中性洗剤・クリームクレンザー

シーリング材にカビが発生した

■ 古歯ブラシなどでこすりとる。

古歯ブラシに台所用中性洗剤をつけてこすってください。
それでも落ちない場合は、市販のカビ取り用洗剤をかけて30分ほど置いてください。水で洗剤分をよく洗い流してから、水分を拭き取り、乾かしてください。

273_1.png

■ 必要な道具・材料

古歯ブラシ・台所用中性洗剤・カビ取り用洗剤

シンクに水アカ、白い斑点ができた

■ クリームクレンザーで、軽くこする。

1. スポンジにクリームクレンザーをつける

スポンジにクリームクレンザーをつけて軽くこすります。ステンレスの場合は研磨目にそってこすります。

269_1.png

2. 洗剤分を洗い流し、カラ拭きする
水で洗剤分をよく洗い流します。濡れたままだと表面がくもる原因にもなるので、仕上げに乾いた布で水分を拭き取っておきましょう。

269_2.png

■ 必要な道具・材料

クリームクレンザー

たったの3時間で、気分爽快大掃除

souji_01.jpg

時間がない、でもこのまま年越しはできない!?そんなあなたに、3時間で達成感を味わうことの出来る大掃除プログラム!





用意するもの


souji_02.jpg

  • 雑巾(薄くなった古タオルが最適。多めに)

  • タオル(手拭きに)

  • マスク(装着)

  • ティッシュペーパーかキッチンペーパー

  • 羽はたき(静電気はたきでも可)

  • 重曹

  • セスキ炭酸ソーダ

  • クエン酸

  • メラミンスポンジ




9:00 リビング


souji_03.jpg

  • 窓を開ける。

  • 一間分(掃き出し窓などの)のカーテンを外し、畳んで洗濯機に投入、ドライモードで、ドライ用洗剤を使って洗濯する。フックはプラスチックのものならタオルに包んでから洗濯ネットに入れて一緒に洗える。

  • 羽はたきでカーテンレールとその周辺、天井、エアコン周辺、照明周辺をはたく。

  • カーテンの無いうちに、窓の内側にクエン酸スプレーを噴霧し、古タオルで拭き取る。スクイージー(T字型水切り)があるなら利用して。


※家庭で洗濯できないタイプのドレープカーテンは避けること
※カーテン外しとはたき関係は男手があれば依頼。窓拭きは比較的子ども向きなので、お手伝いを頼みましょう




9:30 キッチン


souji_04.jpg

  • 換気扇がシロッコファンタイプなら手前のグリスフィルターを外し、シンクに置く。プロペラファンならプロペラまで外して同様に。

  • ガスコンロの五徳、その他油汚れのものもシンクに並べ、セスキ炭酸ソーダスプレーをたっぷり噴霧し、更に重曹(粉)をたっぷりふりかけ、 30分程度放置する。

  • 換気扇フード、冷蔵庫上、コンロ上、コンロ周りの壁などにはセスキ炭酸ソーダスプレーを噴霧し、その上に広げたティッシュかキッチンペーパーを張り、さらにスプレ噴霧で湿布。15分以上放置する。

  • その他汚れの気になる箇所(炊飯器など家電の外周、冷蔵庫扉、収納扉など)は、雑巾にセスキ炭酸ソーダスプレーを吹きつけ湿らせたもので拭いていく。

  • 窓や網戸の油汚れが気になる場合には、軽く湿らせたメラミンスポンジに雑巾同様セスキ炭酸ソーダスプレーを吹きつけたもので、撫でるように擦って落とす。




10:00 リビング


souji_05.jpg

  • 床、ラグ等をしっかり掃除機がけする。

  • 軽く湿らせた雑巾にクエン酸スプレーを吹きつけ、部屋の奥から手前(廊下へのドア)に向かって雑巾がけしていく。このとき、腰より下の壁部分についた汚れにも留意。ソファの脚元、テーグルや椅子の足元のホコリに注意。




10:30 キッチン


souji_06.jpg

  • 放置中の湿布関係を外しながら、そのペーパーを使い、周囲を拭き取りながら掃除する。汚れが残る場合にはお湯で絞った雑巾で濯ぎ拭き。換気扇周りは特に念入りに。

  • セスキを吹きつけ重曹をまぶし放置しておいたグリスフィルター等を、使い古しのキッチンペーパー等で拭いながら汚れを落としていく。大方のベトベトが落ちたらそのままシンクで、熱めの湯を使って濯ぎ洗い。乾いた雑巾等の上に置いて自然乾燥させる。




11:00 リビング+トイレ


souji_07.jpg

  • 洗濯終わり、軽く脱水させたカーテンにフックを装着させ、元のレールに戻す。乾燥はそのまま自然にさせる。

  • 乾いた雑巾に軽くクエン酸スプレーを噴霧したもので、ホコリの気になる棚の上や、TVなどの周辺を拭く。

  • このとき使った雑巾とクエン酸スプレーで、洗面所ボウル周辺、洗面所床、トイレ便器周り、トイレ床を拭き取ることができる。使い終わった雑巾はそのまま捨てても良い。




11:30 キッチン


souji_08.jpg
  • 大方乾いたプロペラやグリスフィルターは、残った水滴を拭ってから元に戻していく。コンロ周辺器具も同様に。

  • まだ残っている汚れが気になる場合には、熱めのお湯で絞った雑巾で、セスキ炭酸ソーダスプレー噴霧+拭き取りを。最後にキッチン床を拭き上げて。




  • 12:00 掃除終了


    souji_09.jpg

    もしも時間が余ったら、ベランダのゴミを掃く、玄関たたきを拭く(軽く濡らした雑巾で)、玄関ドアを拭く、ポストや表札周りを拭く、などすると清浄感が増します。


    リビングは平素から綺麗だというご家庭の場合は、リビング以外の部屋(寝室、書斎、子ども部屋など)に重点を置くと良いでしょう。


    たった3時間とあなどるなかれ。ぜひ実行してみてくださいね!


    執筆者:AllAbout「家事・掃除・子育て」ガイド 藤原 千秋(ふじわら ちあき)


    暮らしのなかの省エネ

    キッチンの省エネ(電気編)


    知らず知らずに使いっぱなしの電気

    eco_p_01_01.jpg

    主に使用するエネルギーはガスと電気。省エネできる製品はいろいろ!まずは「キッチン」の電気から見ていきましょう。




    電気ポット

    タイマー機能を上手に使います。必要時に沸かすか、温度設定をこまめに切り替えるだけでも省エネになります。



    炊飯器

    eco_p_01_03.jpg

    7時間以上の保温は、新たにご飯を炊くのとほぼ同量(※1)の電力を使います。ご飯は長時間保温しておくよりも、冷凍か冷蔵保存し、使用時に電子レンジで再加熱しましょう。



    冷蔵庫

    eco_p_01_04.jpg

    食品の詰め過ぎは、冷気の流れが悪くなり、庫内が均一に冷えないばかりか余分な電気を消費してしまいます。詰め過ぎには注意しましょう。また、ドアの開閉も冷気を逃さないよう手早くしましょう。




    ※1:東京電力調べ ※2:経済産業省・省エネルギー・センター調べ




    キッチンの省エネ(ガス編)


    「キッチン」に欠かせないガスの節約

    eco_p_02_01.jpg

    料理やお湯など「キッチン」にガスは欠かせません。効率のよいガスの使い方を見ていきましょう。



    給湯器

    食器を洗う場合は、お湯の温度を約10度下げることで、年間で約3%(※2)の省エネになります。



    食器洗い乾燥機

    高くつきそうないイメージがありますが、手で洗うよりも食器洗い機を使ったほうが光熱費、水道代とも安くすむというデータがあります(資料は各メーカーより)。安く、かつ楽もできるなら、ご家庭の状況を考えて購入を検討してもいいかもしれません。



    ガスコンロ

    ケトルや鍋でお湯を沸かす場合は、炎が底からはみださない程度の火(中火)に調節します。底に熱効率の良い炎が集中することで、ガスの消費が押さえられます。またケトルや鍋の底が水で濡れたままだと熱効率が落ちますので、水を拭き取ってから火にかけましょう。


    煮物などの料理には落としぶたをしましょう。味のしみ込みが早くなり、調理時間も短縮できます。


    煮こぼれや油で汚れてしまったガスコンロは、汚れが火口に詰まるためガスの熱が2~3%ほど無駄になってしまいます。ガスのエネルギーを最大限活用するには、こまめな掃除は欠かせません。




    リビングの省エネ


    みんなで使うリビングは、みんなで節電

    eco_p_03_01.jpg

    家族が集まるリビングは、電気の大量消費スポット。掃除や付け替え、こまめなコンセント外しで節電を心掛けましょう。



    テレビ

    eco_p_03_02.jpg

    家庭での電力消費量の約10%(※3)が、テレビといわれています。時間や、番組を決めて見る習慣を持つことで省エネの効果が上がります。またテレビやビデオデッキは、使っていない時にはコンセントを抜き、待機電力をできるだけ抑えると節約につながります。たかが待機電力ですが、ビデオデッキの消費電力の8割は待機電力と言われています。タイマー予約が少々不便ですが。



    エアコン

    eco_p_03_03.jpg

    冷房時で1度高めに、暖房時で2度低めに設定するだけで、約10%の省エネ(※4)になります。また、カーテンやブラインドを使用するだけで冷暖房効果を高めることができるほか、フィルターの掃除などでも冷暖房効果はアップします。



    照明

    eco_p_03_04.jpg

    白熱灯は温かな光色で落ちついた雰囲気を演出するほか、料理などをおいしく見せる効果があります。しかし蛍光灯に比べると3倍ほどのエネルギーを消費し、電球の寿命がつきるまでにかかる電気料金は、白熱灯が約9,000円、蛍光灯は約2,250円と4倍もの差があります(※)。蛍光灯の優れた経済性と白熱灯のような温かな色味を持った電球色の蛍光灯もありますので、交換することで光熱費の節約に一役買ってくれるでしょう。


    また照明器具には、知らず知らずのうちに汚れが付き明るさが低下しています。こまめに掃除すれば電気代の節約にもつながります。


    ※参考


    ・ 地球を救うかんたんな50の方法(ジ・アース・ワークスグループ 竹内均監修・土屋京子訳 講談社 1,260円+税 )



    掃除機(ほうき)

    eco_p_03_05.jpg

    掃除というと電気掃除機をすぐに思い浮かべますが、さっと取り出し、騒音も出ない"ほうき"と"ちりとり"は意外に便利です。もちろん電気代も必要ありません。しかしハウスダストははききることができませんので、掃除機と上手に組み合わせて使いましょう。


    ※3:省エネルギー便覧 ※4:環境省




    バスルームの省エネ


    電気・ガス以外にお水の節約も

    eco_p_04_01.jpg

    電気、ガス、そして水道とあらゆるものを大量に使いがちなバスルーム。上手に使えば節約効果も大。



    お風呂

    eco_p_04_02.jpg

    入浴は家族が時間を空けずに入ることで、追い炊きするエネルギーの消費が押さえられます。また、ふたをしないでおくと、2時間で約3度もお湯の温度が下がります。入浴後は必ずふたをしましょう。



    シャワー

    eco_p_04_03.jpg

    通常シャワーは、1分間で12リットルの水を使うと言われています。一般家庭の浴槽は200リットルなので、シャワーを20分も浴びれた浴槽1杯分以上の水を流していることになります。頭をや体を洗っている時は、お湯を止めるようにしましょう。なお1日1分シャワー時間を短くすると、家族4人では年間で約5,400円もの節約(※5)ができるそうです。



    浴室乾燥機・換気扇

    浴室のカビ防止には湿気を追い出し乾燥させることが必要です。しかし、お風呂のお湯は洗濯に使ったり、また地震に備えて"浴槽のお湯は捨てないで"と言われています。そこで入浴後は浴槽にふたをして湯気を抑えるとともに、クルマのワイパーのようなゴムでできた市販の「水滴取り」で壁や鏡、天井の水滴を落とし、その後に壁拭き用の古いバスタオルなどで浴室を吹き上げます。少々面倒ですが、時間はそれほどかかりません。これをすることで浴室乾燥機や換気扇を回す時間が大幅に削減、電気代の節約になります。


    ※5東京ガス調べ




    トイレの省エネ


    できることは少ないけれど、トイレも節電

    eco_p_05_01.jpg

    洗浄や暖房便座など、トイレも電気を使う場に。長時間使わない時はコンセントから外すなど、節電を心掛けましょう。


    暮らしの中で省エネ習慣を身に付けることは、かけがえのない地球環境を守ることにもつながっています。ちょっとした手間ですが、慣れてしまえば手間とも感じなくなるはずです。地球にもお財布にも優しい省エネを、ぜひ実践してみてください。



    温水暖房便座

    使わない時は便座のふたを閉めましょう。これだけでも年間約9~11%(※1)の省エネになります。また就寝時や、長時間留守にする時にはコンセントからプラグを抜き待機電力を節約しましょう。


    ※1東京電力調べ


    ※参考(「照明」「掃除機(ほうき)」「浴室乾燥機・換気扇」)


    ・ラクラクできる63の知恵 節約生活入門(山本多津著 創元社 1,000円+税)




    省エネに関する書籍等の紹介



    環境にも、そして家計にも優しい「省エネ」は、心掛けひとつですぐに実践できるものです。楽しく手軽にできる省エネについての書籍を紹介します。


    ラクラクできる63の知恵節約生活入門

    eco_book_01.jpg

    創意工夫を楽しみながらラクラクできる節約ワザ63コを、「食費」「水道・光熱費」「衣料費」「その他」の4項目で紹介。快適な毎日の暮らしはそのままに、ちょっとした生活のムダを省くことで、無理することなく誰でもすぐに実践できる。


    山本多津著


    創元社


    定価:本体1,000円+税



    「やさしくて小さな暮らし」を自分でつくる

    eco_book_02.jpg

    副題に「ヨーロッパ流エコライフ」とあるように、本書はスウェーデン、オランダ、ドイツ、イギリス、フィンランドの5カ国のエコライフ事情を紹介。著者の取材と現地体験をもとに、環境にやさしいヨーロッパ流れの「小さな暮らし」とは何かをわかりやすく説明している。もって他山の石とすべき、読んでタメになる本だ。


    阿部 絢子 (著)


    家の光協会


    定価:本体1,300円+税



    節約の大常識

    eco_book_03.jpg

    電気、ガス、水道、こららの光熱費を節約することは、二酸化炭素の削減につながり、ひいては地球環境破壊の防止に貢献する。では、どうやって光熱費を抑えるのか。本書には、日常生活で可能なあらゆる節約方法が述べられ、それによって年間でいくら節約できるのか、具体的な節約金額も明記されている。家庭に一冊必要な本。


    平場健仁


    風濤社


    定価:本体1,200円+税



    一覧に戻る