浴槽・壁・床・カウンター

・汚れの元は、石鹸カスや湯あか、水に含まれる鉄分などです。乾くと落ちにくくなるので、濡れているうちに洗いましょう。
 スポンジに中性洗剤をつけてこまめに洗ってください。
・落ちにくい汚れは、浴室用洗剤をしみ込ませたペーパータオルを5~10分かぶせた後、スポンジでこすってください。
 汚れが落ちたら、よく水洗いして洗剤分を洗い流します。


注意点

・入浴剤は注意書きをよく読んでからご使用ください。FRPや人造大理石の浴槽に多量に入れると、表面の光沢をなくすことがあります。
・塩素系漂白剤を使用しないでください。ヘアピン、かみそりなど金属を置きっぱなしにすると、鉄サビがうつります。
・タワシやクレンザーなどでこすると表面がキズつき、汚れがしみ込んでとれにくくなります。
・床や壁に穴をあけないでください。構造体に水がしみ込む恐れがあります。

一日の疲れを癒す場である浴室は、常にキレイにしていたいものです。浴室内にしつこい汚れとして残る前に、日頃からお手入れを心がけましょう。お手入れの基本から、浴室グッズのお掃除方法までをご紹介します。

シーリング材がはがれた。劣化した

■ シールをはがしてやり直す。

1. シールの浴槽側と壁側にカッターで切り込みを入れ、引っぱってはがし取ります。

275_1.png

2. 残ったシールは平たく削った割り箸などで、こすり落とします。

275_2.png

3. シールする部分の両側にマスキングテープを貼ります。

275_3.png

4. シリコーン系充填剤のノズルをすき間に合わせて切り、押しつけながら絞り出し、埋めていきます。

275_4.png

5. 付属のヘラで余分な充填剤をかき取って、ならします。

275_5.png

6. 最後にマスキングテープをはがせば、補修完了です。

275_6.png

■ 必要な道具・材料

カッター・割り箸・マスキングテープ・シリコーン系充填剤・ヘラ(付属品)

■ 注意点

ウレタン系シーリングは乾きが悪いので使わないでください。

ユニットバスの壁が、白っぽく汚れている

■ 金属せっけんを落とす。

白っぽく落ちにくい汚れは、石けんや人体の脂肪分と水道水に含まれるカルシウムなどの金属成分が反応してできたもので、「金属石けん」と呼びます。壁や床は傷つきやすいので、強い洗剤やタワシなどはできるだけ使わないようにします。




1. 汚れたところにキッチンペーパーをあて、上から浴室用中性洗剤を吹きつけます。

キッチンペーパーをあて、上から浴室用中性洗剤を吹きつけ

2. 10~20分置いたあとにキッチンペーパーをはがし、スポンジでこすります。

キッチンペーパーをはがし、スポンジでこする

3. 水で洗剤成分をしっかり洗い流し、水気を拭き取ります。

洗い流し、水気を拭き取り

■ 必要な道具・材料

ペーパータオル・スポンジ・乾拭き用タオル
一覧に戻る