便器・タンク

便器・タンク

・汚れは、柄付きスポンジブラシなどでこまめに洗い落としましょう。放置するとカルシウムが沈着したり、尿酸による黄ばみ、バクテリアによるピンク色の汚れが発生します。

・タンクや便器の表面に水滴がついている時は、こまめに拭き取りましょう。床との間についた水滴は、床材の汚れやシミの原因になります。

・洗剤は中性洗剤をご使用ください。

・年に1回程度、ボルトのゆるみをチェックしましょう。


■ 注意点

便器内と手洗鉢内には防汚加工が施されています。下記の洗剤と用具は防汚性能を低下させますので、使用しないでください。
便器のお手入れに使ってはいけない洗剤・用具

洗剤 酸性洗剤、アルカリ性洗剤、研摩剤入り洗剤、業務用の強酸性・強アルカリ性洗剤


用具 金属ブラシ、研磨剤入りのナイロンタワシ、紙やすり


何気なく掃除しているトイレには見落とされた箇所が点在しがちです。これからの季節に向けて隅々までクリーニングしておきましょう。

トイレの水が止まらない

■ 浮きゴム(排水弁)をチェックする。

①作業の前に「止水栓」を閉めてください。

②タンクのフタを外し、内部をチェックします。

③浮きゴムが外れている場合はきちんと取り付け、ゴミが挟まっている場合は取り除きます。その際、触ると手が黒くなるのは老朽化している証拠。新品と交換しましょう。


ロータンクの仕組み

■ ボールタップをチェックする。

ボールタップ内、ピストンバルブのパッキンが摩耗していると弁の締まりが悪くなり、オーバーフロー管から便器に水が少しずつ流れ続けます。新しいパッキンと交換しましょう。

■ レバーをチェックする。

レバーの心棒の回転不良も原因となります。心棒の部分に潤滑油をスプレーして具合を見ましょう。

トイレの水が流れない

■ トイレ用吸引カップを使う。

①排水口をすっぽり被うトイレ用吸引カップを排水口に当てて、ゆっくりと押し込みます。めいっぱい押し込んだら一気に引っ張ります。これを何度かくりかえします。

※つまりがとれるまでタンクの水は絶対に流さないでください。水を入れたバケツを用意して少しずつ便器に注ぎ、ちゃんと水が流れるのを確認してください。

281_01.png

■ 必要な道具・材料

トイレ用吸引カップ・バケツ
一覧に戻る