集合住宅における
ZEH(ZEH-M)普及に向けた
取組計画

私たちミサワホームグループは「住まいを通じて生涯のおつきあい」という精神のもと、良質の「住まい」を提供し、豊かな社会づくりに貢献します。

また、CSR指針として「4つの育む」~環境を育む・暮らしを育む・日本の心を育む・家族を育む~をお約束。「Smart Amenity」をコアバリューとした「いえづくり」「まちづくり」を通して豊かな社会の実現を目指します。

集合住宅のZEH化推進のため、外皮性能の向上と再生可能エネルギーの導入を推進し、快適で健康的な暮らしの実現と低炭素社会実現のため地球環境全体を視野に入れたZEH-M基準の集合住宅を積極的に提案します。

集合住宅のZEH化による新たな価値創造と市場の醸成に取り組み、2030年までに賃貸事業用を含む集合住宅商品においてZEH-M基準を満たす設備の標準化を目指します。

2018年9月発売の木質系賃貸集合住宅商品「Belle Lead SkipHigh」は標準で強化外皮においてZEH-M基準に対応。異種勾配屋根の採用により太陽光発電パネルをより多く搭載する工夫を取り入れると共に1階でもより明るく開放感のある高天井プランで快適性と機能性の両立を実現しています。

2018年度ZEH-M建築実績
名称:Pアパートメント 所在地:長崎県 延床面積:432㎡ 階数:3 住戸:15戸 一次エネルギー削減率:34.5%(創エネ含まず)/84.8%(創エネ含む) ZEH-Mランク:Nearly ZEH-M