本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2012年3月27日

〜住育によって子どもたちの成長を応援〜

新築保育施設が3ヵ所同時開園


子どもの社会性を育む多彩な保育メニューを可能にする園舎・園庭設計
子どもの好奇心を刺激し自然と交流が生まれる空間設計を各園に採用

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、保育施設の運営実績が豊富な株式会社コビーアンドアソシエイツ(本社 千葉県野田市/代表取締役社長 小林照男)と協力し保育事業に取り組んできましたが、このたび、ミサワホームグループの株式会社ミサワホーム総合研究所(本社 東京都杉並区/代表取締役社長 上野彰一)が設計を担当した保育施設としては初の新築園舎が3ヵ所完成し、4月1日に同時開園します。

ミサワホームは昨年策定した中期経営計画において、保育分野を含む「ライフサポート事業」の拡大を目指しています。これまでにコビーアンドアソシエイツが運営する2つの保育園について園舎リフォームを担当し、それぞれキッズデザイン賞を受賞したほか、子どもの個性や潜在能力を引き伸ばす提案やノウハウなどに関して、東京大学をはじめ各大学との共同研究を実施するなど、さまざまな取り組みを展開しています。

このたび開園する「コビープリスクールよしかわステーション(埼玉県吉川市)」、「コビープリスクールみさとながとろ(埼玉県三郷市)」、「コビープリスクールさくらのさと(千葉県野田市)」はミサワホーム総合研究所が設計し、コビーアンドアソシエイツが設立した社会福祉法人コビーソシオが運営します。  

設計にあたっては、コビーアンドアソシエイツが独自に考案した縦割り保育(異年齢児交流保育)と横割り保育(年齢別保育)を融合した"マトリクス保育"をより効果的に行うための工夫を提案しています。園舎には、年齢の異なる子どもたちが日常的に交流できるよう、吹き抜けやスパンを飛ばした大空間、可動間仕切りを多用し用途に応じた可変空間を実現。また、安全性を確保しつつ全面をガラス張りにした調理室「キッチンスタジオ」では、調理過程を見せることで「つくる楽しみ・食べる楽しみ・片付ける楽しみ」を通じて食の大切さや正しい知識を教える"食育"に取り組みます。園庭には、起伏や植栽をデザインすることで子どもたちの運動能力を発達させる工夫を採り入れたほか、実のなる木々や野菜を育て、食べることができる菜園スペースを設けるなど、あらゆる経験を通して子どもの好奇心を刺激し自然と交流が生まれる空間設計を採用しています。

ミサワホームは、今後もコビーアンドアソシエイツと協力し保育園の設計・施工などを通じて保育分野のノウハウを蓄積するとともに、子どもから高齢者まで誰にでもやさしく住みやすい住宅の開発や、快適で安心できる住生活空間の実現を目指します。


詳細はこちら (PDF412KB)

*この件に関する問い合わせ先*

ミサワホーム株式会社
経営企画部 広報・IR課    中村孝  宮田智

TEL 03-3349-8088
FAX 03-5381-7838
E-mail:Satoshi_Miyata@home.misawa.co.jp
株式会社コビーアンドアソシエイツ
経営企画部 広報担当    小田早希子  中林圭子

TEL 03-6452-3891
FAX 03-3714-2570
E-mail:s-oda@coby.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.