本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2012年12月17日

"まちなか"での「ミニマムスペース マキシマムライフ」を実現

HYBRIDFORM(ハイブリッドフォルム)


HYBRID FORM

まちなかでの美しさ、広さ、快適さを追求したカタチ「フラットコンパクト」
在宅型テレワークに対応した新提案のコンパクト空間「ミニラボ」
まちなかでもひとつ上の安心と先進の「ハイブリッド&スマートハウス」
大空間を実現し将来の間取り変更にも対応する「スケルトン・インフィル設計」

HYBRIDFORM 外観イメージ

外観イメージ


ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、鉄骨系ユニット工法のハイブリッド戸建住宅シリーズに、「ミニマムスペース マキシマムライフ」をコンセプトとし設計自由度を高めた新商品「HYBRIDFORM(ハイブリッドフォルム)」をラインナップし、2013年1月11日より全国(北海道、沖縄県、多雪地域及び一部地域を除く)で発売します。

ハイブリッドフォルムは、都市及び都市近郊のような“まちなか”と言われる地域において、狭小敷地や斜線制限などの制約のある建物空間「ミニマムスペース」の中でも、広く快適に、そして自由に暮らせる工夫や提案を盛り込み「マキシマムライフ」を実現できる住まいです。

間口の狭い敷地にも対応できるように、6M(5.46m)〜9M(8.19m)の間口のベースプランを設定し、ニーズに合わせて間取り変更も可能な設計自由度の高い商品としました。コンパクトながらも、強靭なユニット工法及び鉄骨ラーメン構造とミサワホーム独自の「スーパービーム工法」により、耐震性の高さを保持しながら無柱大空間設計を実現しました。

外観は、フラットな面でボックスを組み合わせたシンプルなフォルムで、開口部を際立たせたスクエアの凛々しい佇まいは、まちなかで存在感を示し、コンパクトなのに重厚感にあふれたデザインです。フラットルーフは、軒のある家と比べて隣地との空き寸法の点で有利であることから、敷地を最大限に活かせるというメリットもあります。

1階リビングは天井まで高さのある幅広サッシにより開放感とゆとりを演出し、ウチとソトを程よくつなぐ軒の出が1.5Mあるインナーテラスを設けることで自然の光と風を感じることの出来る快適な軒下空間を実現しています。1階・2階ともにスケルトン・インフィル設計のため、将来のライフステージやライフスタイルに応じて間取り変更が可能です。

また、居室を広く使うための工夫として、吹き抜けに隣接した小屋裏に大収納空間「フラット小屋kura」を設け、畳の下が全て収納となったタタミルームなどの豊富な収納の提案もしています。  

さらに、今回新たに在宅勤務時も働きやすいリビングに隣接したコンパクト空間「ミニラボ」を提案しています。近年、女性の社会進出に対する意識の変化や、先行き不透明感が強い経済情勢などにより共働き世帯は年々増加傾向にあります。一方で、共働きの人たちにとって、出産・育児・介護などの個々の事情と仕事の両立が難しいという現実もあります。そこで、国ではこの状況を緩和させるため、在宅勤務やSOHOなどのライフスタイルに応じて、情報通信機器などを活用して勤務場所や時間の制約をうけない柔軟な働き方(テレワーク)を推奨しています。このような働き方により、ワークライフバランスの実現や災害時のBCP(事業継続計画)対策などの様々な効果が期待できます。ハイブリッドフォルムでは、厚生労働省在宅就業者支援事業仲介機関協議会の委員も務めた、テレワーク推進の第一人者である田澤由利氏の協力のもと、多様化する雇用形態や就業形態への変化にも対応できる設計手法を開発しました。

【主な商品特長】

まちなかで存在感と重厚感を演出する「フラットコンパクト」なデザイン
ライフスタイルやニーズに合わせて選択できる屋根形態のバリエーションを提案
「スケルトン・インフィル設計」により、将来的な間取りの変更にも柔軟に対応
フラットルーフでありながら大収納空間「フラット小屋kura」を採用、空間を有効活用
ウチとソトの良さを併せ持つ軒下空間の「インナーテラス」は自然とのつながりを演出
在宅勤務時に働きやすい工夫を盛り込んだコンパクト空間「ミニラボ」を提案

ハイブリッドフォルムは、ポスト団塊ジュニアや団塊ジュニア、共働き世帯をメインターゲットに推奨24のベースプラン(反転含む)を用意しました。年間100棟の販売を目指します。


詳細はこちら (PDF536KB)
関連サイトはこちら
「HYBRIDFORM(ハイブリッドフォルム)」 サイト

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部  広報・IR課    中村孝  平賀理絵子
TEL:03-3349-8088
FAX:03-5381-7838
E-mail:Rieko_Hiraga@home.misawa.co.jp


※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.