本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

平成25年7月29日

「子どもの環境行動分析による園庭・園舎デザイン検証プロジェクト」が

第7回「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞


キッズデザイン賞全受賞作品211点から選出される上位賞
ミサワホームグループとして初めて、キッズデザイン賞の上位賞を受賞

「第7回キッズデザイン賞」


ミサワホームグループの研究機関である株式会社ミサワホーム総合研究所(本社 東京都杉並区/代表取締役社長 平田俊次)は、早稲田大学佐藤将之研究室及び社会福祉法人コビーソシオ(本部東京都目黒区/理事長 小林照男)と共に検証した「子どもの環境行動分析による園庭・園舎デザイン検証プロジェクト」について、第7回キッズデザイン賞(主催 特定非営利活動法人キッズデザイン協議会/後援 経済産業省)の上位賞となる「キッズデザイン協議会会長賞」を共同受賞しました。

先般、キッズデザイン協議会は、第7回キッズデザイン賞において、過去最高の応募数383点の中から211点の作品を選出し発表しました。今回の応募作品の傾向としては、子ども基準の安全・安心設計や創造性の開拓を意識した保育園や幼稚園の案件が数多く見られ、また、育児に配慮した賃貸住宅の提案が複数寄せられるなど、キッズデザインへの注目は新しいビジネス領域にも広がり始めています。  

この度、第7回キッズデザイン賞全受賞作品211点の中から、より優れた作品として、最優秀賞である「内閣総理大臣賞」の1点をはじめ、「経済産業大臣賞」や「少子化対策担当大臣賞」、「キッズデザイン協議会会長賞」など、上位賞が決定されました。

「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞した「子どもの環境行動分析による園庭・園舎デザイン検証プロジェクト」は、園庭や園舎などの保育空間における子ども達の様子や行動を分析することで、子どもの視点に沿った保育空間のデザイン手法の確立を目指したものです。

ミサワホームグループは創業時より「住まいは子どものために」という信念のもとに商品を開発し、子育てにおいて"家にできること"を真摯に考え、住まいづくりに取り組んでいます。今回のキッズデザイン賞の上位賞受賞を契機に、今後も子育てと住まいのあり方についての研究開発に努めます。


詳細はこちら (PDF224KB)

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部  広報・IR課    武田路和  平賀理絵子
TEL:03-3349-8088
FAX:03-5381-7838
E-mail:Rieko_Hiraga@home.misawa.co.jp


※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.