MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
インテリア ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
ガーデニング ガーデニング
庭づくり
庭づくり
ガーデニング・エクステリア相談
ガーデニングのインデックスへ
 
{キャッチ:ガーデニング}
(1)夏芝の刈り込みと掃除

9月下旬から10月中旬にかけて、芝刈機を使い、夏芝を約1cmにカットします。これは、冬芝の種を入りやすくし、日照による生育を促すためです。刈り取った夏芝は必ず熊手などで集めて取り除き、冬芝の種に空気と水が行き渡りやすくしてください。害虫の発生を防ぐことにもなります。

(2)冬芝の種まき

夏芝の刈り込みが済んだら、冬芝の種(1平方メートルあたり約40グラム)を、夏芝の上に均一になるようにまきます。さらにトンボを使って、土に接するようになじませていきます。

(3)目土入れ

種まきの後、目土を2〜5ミリぐらいの高さになるようふりかけます。1平方メートルあたり2〜3キロが目安です。

(4)水やり

種と目土をまいた後、発芽するまでの約2週間は、朝夕に毎日水やりをします。

(5)冬芝の管理

芝の良好な状態を維持するため、発芽した後は、2〜5cmくらいの高さを維持します。極端な高さの変化は芝にストレスを与えることになるので、生育が旺盛な時期は3日おきぐらいで刈り込みを行います。

(6)施肥

冬場は2週間に1度くらいの割合で、家庭用の芝生肥料(1平方メートルあたり約30グラム)を均一に与え、冬芝の生育を促します。

夏芝へ戻すために

3月頃から冬芝への肥料は控えめにし、生育を抑えます。5月に入ったら冬芝を一気に1cmまで刈り込み、休眠していた夏芝の芽に陽が当たるようにします。こうすることで冬芝は衰退し、夏芝の育成がすすみます。このように冬芝から夏芝に戻すことを“トランジション”と言います。

オーバーシーディングには冬期間の排水改善などの利点もあります。鮮やかなグリーンの芝生を、冬の季節でも楽しんでみましょう。

ページの先頭へ
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて