MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
インテリア ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
ガーデニング ガーデニング
庭づくり
庭づくり
ガーデニング・エクステリア相談
ガーデニングのインデックスへ
 
{キャッチ:ガーデニング}
“トランジション”とは

オーバーシーディングは、夏芝が枯れている間は一年草の冬芝を育てる方法なので、春には冬芝から夏芝を育成する状態に戻す“トランジション”という作業が欠かせません。オーバーシーディングで難しいのはこのトランジションで、冬芝を枯れさせないと夏芝が育成できません。しかし一年中緑の絨毯を楽しむためには、毎年オーバーシーディングとトランジションというサイクルを続けることになります。夏芝と冬芝を共存させる“混植”にはこのような手間はありませんが、オーバーシーディングの方が芝生がキレイという利点があります。

暖かくなる3月頃からスタート

トランジションの作業は春頃から始めます。3月以降は施肥を控えて冬芝の育成を抑制し、4月に入って夏芝の萌芽を確認したら、冬芝を通常の半分の高さ、2cm以下にまで刈り込みます。多少伸びたら再度刈り込むということを繰り返し、冬芝の育成を止めていきます。このとき、一時的に芝生の美観がそこなわれてしまいますが、これにより冬芝の育成が止まり夏芝に光を当てて萌芽を促していますので、しばらく我慢しましょう。夏芝の萌芽が確認できたら追肥をしてさらに成長を促進します

{コラム小見出し:ガーデニング}
芝生に雪が積もった場合、炭の粉を撒くだけで雪がとけていきます。これは炭が陽光の吸収を促すからです。炭はやがて土に還り、微生物を活性化させ、土の活力を再生してくれます。 {コラムイラスト:ガーデニング}
ページの先頭へ
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて