MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
インテリア ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
ガーデニング ガーデニング
庭づくり
庭づくり
ガーデニング・エクステリア相談
ガーデニングのインデックスへ
 
{キャッチ:ガーデニング}
“日光不足”と“葉焼け”に注意

室内に取り込むことで温度は保たれますが、日光は不足します。陽が当たらなくなると観葉植物は徐々に弱ってしまいますから、窓辺に置いて、できるだけ日光に当てるようにしましょう。なお日差しが強い場合は“葉焼け”を起こしてしまいますので、レースのカーテンなどで遮光するといいでしょう。また週に1度は風もなく暖かな午前中を選んで1〜2時間、戸外に出して日光浴をさせるのも効果的です。枝葉の形を整えるために、ときどき鉢を回し、日差しを葉の全体に当てましょう

理想の温度は最低10度

観葉植物は暖かい場所がふるさとの種類が多いので、寒さを苦手とするものが多々あります。ひとつの目安として、生長を続けさせるには朝方や夜間でも10度を下回らない温度が必要です。15度程度を維持できれば最適でしょう。冬は元気そうに見えていても、春になって枯れてしまうこともありますので、冬の温度管理には注意が必要です

{写真:ガーデニング}
取り込んだ観葉植物は窓辺に置き、陽に当てるようにしましょう。葉がいっせいに窓辺の方を向き、観葉植物が生きていることも実感できます
{写真:ガーデニング}
日光に当てる必要はありますが、あまりに長時間だと“葉焼け”の原因に。夜間窓辺が冷えないようにするためにも、窓辺にはカーテンがあるといいでしょう
ページの先頭へ
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて